スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダンスFAQ】プロダンサーを目指す皆さんへ。

※実際にプロダンサーを目指している人から来た質問に対するオイラの返答に、加筆修正したものなので、話し掛ける口調である。ご了承頂きたい。





将来ダンサーになりたい、という事ですが、プロダンサーになる為の方法は、実はたくさんあります。

専門学校に通う、というのも一つの手ですし、ダンススクールに通う、というのも一つの手です。

しかし、専門学校や芸能事務所が開校している養成所は、入学当初、たくさんの入学者がいますが、半分以上が来なくなったり、来ても遊んでばかりいます。
と、言うのは、ダンスに限らずに

「出とけば取りあえず仕事が貰えるかも知れない」

という甘い考えの人が多く集まりやすい場所でもあるからです。

専門学校や養成所が悪い、と言っている訳ではありません。当然、メリットはあります。
まず、あらゆるカリキュラムが受けられる事。
また、講師は大御所と呼ばれる人たちが揃っている可能性が高いので、確かな技術を目の当たりに出来るチャンスがあります。

環境というのも大きな影響になりますから、よく考えた上で進路を決めて下さい(ヒントとしては見学に行き、確実にパンフレットなどに明記されている講師が教えている場所が望ましいでしょう。また、やる気のある生徒が多い場所の方が、ライバルと刺激し合えるよい環境だと思います)。



だいたい、現在活躍しているプロダンサーの大半は、チームを組んでCLUBイベントに出演しまくって知名度を上げたり、コンテストで上位に入賞している人がほとんどです。

オーディションを受けて仕事を取る事も必要です。

とにかく、ダンス業界は実力社会です。
力の無い者は淘汰されていきます。



ある程度、ダンサーとしての力がつき、名前が知れてくると、仕事が来たりします。
その仕事を一個一個しっかりとこなしていく事で、他の仕事を頼まれるようになります。
これはダンサーに限らず、個人事業全般に共通の事です。

プロダンサーに求められる資質は、ダンスが上手いのは当たり前として、

   ・これだけは誰にも負けない!と言えるものがあるか

   ・振付を早く、正確に覚えられるか

他にも、

   ・挨拶が出来るか

   ・他人と仲良く出来るか

   ・約束、時間を守れるか

   ・スケジュール、自己管理が出来るか


などが挙げられます。
要は礼儀正しい事ですね。

可愛げのある人は好かれますが、可愛げの無い人が嫌われるのは、どこの世界でも共通です。

また、有名アーティストのバックダンサーを目指す方もいますが、なる方法はオーディションで、という事もありますが、十中八九はコネです。

個人事業者に人脈は必要不可欠です。
色んな人と仲良くなったり、連絡を取り合うコミュニケーション能力の低い人はまず難しいのです。

また、アーティストのバックダンサーだけで終わってしまっては、志が低いというものです。
結局、ダンス自体を愛していなければ大成しません。

しかし、始める動機は何でもいいと思います。

   異性にモテたい。

   好きなアーティストのバックダンサーになりたい。

   先生が好き。

何でもいいと思います。
ただ、ダンスそのものを愛して無ければ、レッスンは苦行になります。



オイラは高校在学中から、バイトしながらダンススクールと俳優養成所に通っていました。
高校を卒業してからもバイト、スクール、CLUBに通う日々でした。
チームを組み、オーディションを受け、テレビに出たりしながら名前を売り(ちっとも売れて無いけど…w)、スクールやスポーツクラブでクラスを持つようになりました。

でも、13年間踊ってきて思った事があります。
それは、『これからの人生、色んな収入源を作るべきだ』という事です。

サラリーマンやOLはかつては永久雇用と言われ、よほどの事が無い限りクビにはならなかったのですが、バブル後、日本の経済が低迷してからはリストラが当たり前になりました。
給料やボーナスも下がり、就職したから安心、という訳にはいかなくなりました。

最近は副業を持つ人が増えています。

サラリーマンをするかたわら、ネットで個人的に取引をしたりして成功している人もいますし、独立する人も増えました。

ダンサーも、複数の収入源を持たないと危険だと思います。
と、言うのは、怪我をしたら働けないからです。
肉体労働者であるダンサーは身体が資本です。
健康管理をしていても、突発的な事故も起こり得ます。

休んでいる間の賃金は保障されないので、怪我をしたら治療費を負担するだけでなく、仕事が出来ない間は収入はゼロです。
また、無理して怪我したまま動けば、後遺症が残り、一生苦労します。

そう考えると、手に職をつける事は必須になります。
オイラはダンサーの他にダンスインストラクター、振り付け師としても仕事をしていますし、今後は肉体を使わない仕事を増やしていこうと思っています。
イベントオーガナイザーやDJ、スタジオオーナー、トラックメイキング、アパレル店員、デザイナー、事務所経営など、実は様々な副職を掛け持ちしているダンサーはたくさんいるのです。

個人事業主はサラリーマンと違い、社会保険は無いので、国民健康保険になります。
怪我をした時など、保険に入っておけば治療費の負担額が多少安くなります。

個人事業を始める、という事はそうした覚悟を持たないと難しい事です。





スクールなり専門学校などで習う際は、極力講師の動きを完全コピーするつもりで真似るとよいでしょう。そうする事で確実な基礎が身に付きますし、振り付けを正確に踊る力が身に付きます。

個人練習としては、とにかく音楽をたくさん、よく聴いて、楽しんで踊りまくる事と、上記のレッスンの受け方とは逆に、形やジャンルにとらわれず、自分のイメージ通りに身体を動かす練習をする事です。

身体を自由にイメージ通りに動かせる事は、あらゆる振り付けに対応出来るだけでなく、柔軟な発想で振り付けを創れるようになります。

また、個性が重要なので、とにかくたくさん様々なものを見聞きして、見聞を広げましょう。
取捨選択していく事が個性になります。
好きなものを取り入れていきましょう。



今踊っているジャンルは何ですか?
また、これからやってみたい、好きなジャンルはありますか?

夢は具体性を帯びると計画と名前を変えます。

環境を整えてから始めてもいいし、好きな事を並行して進めて仕事にしていく、でもいいと思います。

しかし、ただ単にダンサーになりたい!だけでは、危なっかしくて保護者の方を説得出来ません。

オイラは無計画に生きてきたのですが、今になって

   ああしておけば良かった、こうしておけば良かった

と後悔している事がたくさんあります。

若い皆さんには、時間は無限に感じられるかも知れませんが、実は有限です。

いつ如何なる理由でか、やりたい事、やっておかねばならない事が出来なくなる前に、やっておいた方がいいのです。



また、コンスタントに依頼が来る訳では無いので、時には営業も必要ですし、クライアント(仕事の依頼者)の要求に応えられなければ、次の仕事に繋がりません。
自己満的な考えではやっていけないのです。

分かり易く、楽しいもの、そして柔軟な考えが求められます。

   オレはブレイキンだけでプロになりたい

それも自由ですが、よほど突出した何かが無い限り不可能だと思います。

ダンサーは腐るほどいます。
その中で光るには、目に留まる可能性を高める事が必要です。
ならば、超絶技をモノにするか、何でも踊れるダンサーになる必要があるのです。
では何故、何でも踊れるダンサーが重宝がられるか?

例えば、自分がダンスの先生だったとして、違う先生からクラスを代行して欲しいと言われた時、何でも踊れればそれだけ色んな先生から代行を引き受ける事が出来るのです。

つまり、何でも踊れるダンサーは、ダンスの仕事を引き受けるチャンスが増える、という事です。

しかし、全てのジャンルを極めるのはなかなか出来る事ではありません。
メインジャンルの他に2つくらい自信を持って踊れるジャンルがあれば充分だと思います。



では、次に仕事に向くジャンルを挙げてみる事にしましょう。

現在、ヒップホップ、ジャズ系は最もツブシが利くジャンルです。

何故か、というと、様々なジャンルの要素が混ざったフリースタイルのジャンルであり、身体の使い方が様々なので、ユニゾン(同じ振り付けで踊る事)が揃えやすいメリットがあるからです。

特に現在はLAスタイルヒップホップの需要が増えています。
そういう流行り廃りに目を向け、柔軟に取り入れていければ、仕事はし易いと思います。
ただし、流行りものばかり追い掛けてしまうと基礎が疎かになります。
古いものは基礎なのです。そこを経ないと理解出来ない事もまた多いのです。

オイラはストリートダンスをやっていくには、ソウルダンスが必要だと考えています。
ソウルダンスは黒人ダンスの基礎なので、身体の使い方やリズムの取り方を勉強するのにこれほどシンプルなものは無いと思います。

振り付けやムーヴだけを追っていくと、それは単なる形骸化した動きの羅列になります。いわゆる“中身の無いダンス”です。

ムーヴの一つ一つに歴史があり、様々なヴァリエーションが存在しますが、そういうものを知っているのと知らないのとでは大きな差が開いてしまいます。

魚屋さんは魚に詳しいのが当たり前。
プロダンサーは、ダンスに詳しいのが当たり前だと思います。
ダンスオタクになって貪欲に欲していけば、ダンスに詳しいプロダンサーになると思います。

ニュースクールのダンサーも、オールドスクールに目を向ける必要があると思うのです。



…仕事の事ばかり考えるのも不健康ですね。

何故、ダンサーになりたい!と思ったのか。その想いは大切にするべきだと思います。
ダンスから得たインパクトを大切にして、そこを目標にしていかないと、何の為に踊っているのかわからなくなる時がやってきます。

ダンスを愛していなければ大成しない、といったのはそういう事です。



   上手くなりたい!

   アイツに負けたくない!

そういう気持ちも大切ですが、ストリートダンスとは、そもそも“楽しみ”です。

“遊び心”が無いダンスは見ていてあまり面白く無いです。

日本は特にどの分野においても技巧的、技術偏重主義の傾向がありますが、ダンスも例外では無く、特に若い人は技に走りたくなる傾向が見られます。

確かに技は見栄えがいいので、まずはそこを目指したくなる気持ちも分かるのですが、“踊り”の本質や基礎を理解するのが難しくなります。
リズム取りや身体の使い方など、基礎練習は単調でつまらなく感じるかも知れません。
しかし、建物も基礎工事をしないと建てられないように、ダンスも基礎無くしては成り立たない事も多いのです。

オイラも過去に二度挫折しかけた事がありますが、スクールで習っていた時に

   「上手くなりたい!」

という自分の気持ちが強過ぎて、何故ダンスをやりたかったのか、何故ダンスをやっているのか、わからなくなってしまったからです。

当時は楽しめなかったのです。


その後、自由に踊れるように練習するようになってから、毎日楽しくなりました。





ダンスの世界に限らず、自分の力で生きていくのは大変だけど、不可能では無いと思います。

また、サラリーマンなどの本職をしながらダンサーとして活動している人もいます。

色んなケースがあると思うので、こうじゃなきゃいけない!と頑なにならず、柔軟な考えで楽しんで下さい。

頑張っていきましょう!
ヽ(´▽`)ノ
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

comment

Secret

>>yuuさん

初めまして。コメントありがとうございます。
返事が遅くてごめんなさい。

まず、結論から言いますと、「上手い言い方」というのはありません。
yuuさんがどれだけダンスが習いたいのか、踊りたいのか、どれだけプロのダンサーになりたいのか、プロのダンサーとしてどういう活躍がしたいのか、親御さんを説得する必要があります。
まずはyuuさんの熱意を、気持ちを親御さんにぶつけてください。
人間、誰だって否定されるのは怖いです。もしかしたらyuuさんが思っている通り、「ダメ」と言われるかもしれません。
いいじゃないですか。ダメならダメで。
むしろ、「いいよ」と言われたら「もうけもの」くらいです。
そして、もし今、「ダメ」という答えだったとしても、諦めない気持ちが無ければ、とてもプロにはなれません。
小学6年の今、ダメだったとしても、じゃあ中学になったら、高校生になったら…人生の先々で親御さんの説得は続けてください。
親御さんの答えが「ダメ」でも、例えば中学にダンス部があったら入部する、16歳になったらアルバイトしてダンススクールに通えばいいのです。

そして、ダンスを習得するのに、必ずしもダンススクールに通わなくてはいけない、という事はありません。
今しているダンスの動画の真似だっていいし、屋外で練習しているダンサーを見掛けたら、話し掛けて教えて貰う方法だってあります。
むしろ、プロダンサーより上手い素人は今、ゴロゴロいます。
とにかくたくさんダンスを観て、審美眼(しんびがん。上手い下手を見分ける基準)を養ってください。
上手い人の動きを真似して学ぶのは、ダンススクールも、道端で習うのも一緒です。
習う人の動きが上手いか下手かを見分ける為にも、色んなダンスの動画をたくさん見てください。
とりあえずお金を掛けてダンススクールに通えばいいってものではないのです。

僕個人の考えになりますが、芸事に近道はありません。
遠回りする事で得られる大切な事もたくさんあるのです。
苦労して苦労してやっと手に入れた経験は、かんたんに手に入ったモノよりも価値があるのです。

今、出来ない事を嘆く(なげく)より、今やれる事を考えて頑張ってください。

No title

小学6年の女子です。私の将来の夢はプロのダンサーです・・・・・・でもダンススクールに通っていません。ダンスの動画を見ていたら将来の夢がプロのダンサーになりたいと思って家で練習をしています。ダンススクールに通いたいと思ってるですが、塾に通っているので無理です・・・・・・親に「ダンススクールに通いたい」と言いたいですが必ず「ダメ」と言いそうなので言いずらいです。なんと言えばいいですか? 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして♪

初めまして。
コメントありがとうございます。

どんな夢でも持つのは自由ですし、チャレンジ精神は人生の色んな局面で役立つと思うので、どんどん色んなオーディションを受けたり、人前で踊ったりしてみてください。

自信は、どうやってつければいいんでしょうねぇ。
自分も確固たる自信は未だに持てずにいます。
「自分が一番正しい」という考えを持っていないからです。

ただ、例えばイベントや舞台で踊る際に、
「ここまで練習したんだから大丈夫!」
と思えるまで練習してるときは自信を持って踊れてます。

なので、
「ここまでやったから大丈夫!」
という風に思えるまで練習する事で自信はついていくと思います。

また、オーディションなどで受からなかったときは、くよくよせずに
「次に向けて頑張ろう!」
って思うといいと思います。

はじめまして♪


はじめまして♪
私は今高校1年で
ダンスを始めてまだ1年目です!こんな私でもダンサーになりたい!!っと言う夢をもってもいいですかね?

どうしたら自分に
自信がもてますか?

>M.N様

コメントありがとうございます!
お互い頑張りましょう!


自分は将来ダンサーになりたいと思っています!
ダンス大好きです!!!
この記事に書いてある事を参考にして
これからも頑張っていきたいと思います!!
ありがとうございました!
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。