スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダンスFAQ】何故、覚えられないのか?本番で失敗するのか?

「練習だと上手くいくのに、本番になると上手くいかない」、「レッスンは自分の好きな場所で受けないと(内容を)覚えられない」、「みんなで踊ってるなら大丈夫だけど、一人で踊る事になったら緊張してしまう」などなど、ダンスをやっていると悩みは色々出てくるが、特に不安な気持ちで練習していると、なかなか動きが身体に入ってこない。
ダンスについて不安を感じていると、「次の動きはこれで良かったのかな?」と迷ってしまう。そうすると、更に不安になる。

ステップや振り付けがなかなか覚えられない要因に、「動きが小さい」というものがある。
動きが小さいと、何故ステップや振り付けが覚えられないのか?
小さい動きならば、次の動きへの動線が小さくて済む。その為、音楽(リズム)に合わせて動きやすいという利点がある。
しかし、この利点は両刃の剣で、まだしっかり動きが身体に入っていない状態でもとりあえず、「動けた気になってしまう」のである。
武芸の達人は、反射的に身体が反応すると言うが、ダンサーも音楽が鳴ったら反射的に身体が反応するように、癖になるまで踊り込む必要がある。
「次は右足、次は左足」なんて考えながら踊っていたら、頭が混乱してしまうのは当たり前だ(なんせ情報量が多過ぎる)。
肉体に癖になるまで叩き込む事によって、その動きは自分のものになっていく。
また、覚える時は「ゆっくりと大きめに動く」ようにすると、より正確に覚えやすくなる。早い動きの場合は、徐々に早く動く練習をしていけばよい。
早く動けるものをゆっくり動くと、意外な身体の使い方をしている事に気付く。
ジブリアニメの動きが面白いのは、ハイスピードカメラによる撮影をした映像をゆっくり再生したような、誇張した演出が入っているからだが、色んな動きをゆっくりにしてみると、物凄く面白い。
ダンサーは、ダンスに限らず色んなビデオをゆっくり再生したり、コマ送り再生したりして観る癖をつけるとよい。
思わぬ動きが発見出来たりして、非常に勉強になる。

話を戻す。

また、振り付けが覚えられない、本番になると間違えてしまう、一人で踊れない要因に「いつも似たような環境で踊っている」から、というのが挙げられる。
例えば、ダンスを練習する時は鏡やガラスに姿を映したり、壁の近くで踊ったりする事が多いと思う。
室内外を問わず、「姿を確認する事で動きを揃える」目的で鏡やガラスを使うダンサーは多い。また、屋外では、他人の邪魔にならないように「壁際で踊る」癖がある人も多いと思う。
ダンスレッスンを受けている人の中には、毎回似たような場所、「マイポジション」でクラスを受講する人が多い。マイポジションで習った方が覚えが早い、逆にいつもと違う場所で習うと気持ち悪い、と感じる事がある。
しかし、この気持ち悪さはどこからきているのか?
それは、いつも似たような環境で練習しているから、いつもと違う状況になった違和感を感じている事による。

「鏡やガラスに姿を映す」、「壁を認識しながら踊る」、「自分の踊りやすい位置で踊る」、「誰かが自分の前で踊っている」といった、いつも似たような環境で踊っていると、いざそれが違う環境で踊る事になった際に、不安要素になるのである。

では、それはどう克服すればよいのか?
答えは一つ。「色んな環境で踊る事」だ。
例えば、普段踊っているのが屋内ならば、屋外で練習する。そうすると、天井が無い、壁が無い環境で踊る事になる。また、通行人がいる場合は、「ダンサー以外の赤の他人に踊っている姿を見られる」という事も体験出来る。
逆もまた然り。天井を感じられたり、壁に囲まれている状況は、いつもと違う感覚を与えてくれる。

普段、同じ位置でクラスを受けている人は、前後左右を入れ替えて踊ったり、クラスが終わった後にでも、友達と向かい合わせで踊る(同じ振り付けでも、鏡と違って左右が入れ替わるので、動きをつられないようにする事)とか、鏡では無く壁に向かって踊る、といった感じで、いつもと違う練習をすると、段々と異なる環境下で踊る事に慣れ、度胸がついてくる。自信と言い換えてもいい。
「ここはこの動きで合ってるのかな?」という不安があると、いつもと同じ環境なら踊れても、いつもと違う環境だと動きが抜けてしまったりする。自分の前に人がいたり、鏡が見れれば踊れるけど、自分が一番前になったり、鏡が無かったり、一人で踊る事になった時に踊れなくなるのは、不安を感じているからである。
「間違えたらどうしよう?」と萎縮してしまえば、いつもなら出来る事も出来なくなってしまう。
逆に、力んでいても自分の納得いくパフォーマンスは発揮できない。筋肉が緊張で固くなり、動きの柔軟性を損なってしまうのである。
むしろ、気楽に構えている時の方がいい動きをしてたりする。

緊張を解くリラックスの方法としては、やはり「深呼吸」をするのがいいだろう。
鼻から吸って口からゆっくり息を吐くと共に、無駄な力が抜けていく。これを繰り返していくと、次第に気持ちも落ち着いてくる。
もっとも、どうしても個人差があるので、自分なりのリラックス方法を幾つか見つけておくとよいだろう。

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト

【ダンスFAQ】ダンスを習うのに必要なもの

よくある質問に「これからダンスを習いたいのだが、何を用意すればいいか?」というものがある。

基本的に必要なものは下記のものがある。



◆着替え(動きやすい服装と下着、靴下など)

◆汗をかいた時の為にタオル(シャワーがあるスクールやスポーツクラブの場合は風呂があったりするので、そういう場合はバスタオルも)

◆上履き(ただし、ジャンルによるので注意)

◆料金が発生する場合は料金



さて、習いたいジャンルによって持ち物が変わる場合がある。
具体的にジャンル別の持ち物を書いてみる。

バレエ…身体のラインがよく見えるフィットした服、バレエシューズ(布製の専用シューズが存在する。靴下で踊る人もいるが、ターン練習で靴下に穴が開くのを覚悟する事。また、裸足で踊る人もいるが、慣れないうちは爪先を痛める可能性もあるので注意が必要)
※トウシューズはいきなり必要にはならない。また、女性のみ使う。

◆昔ながらのジャズダンス(武富士のCMみたいなジャズダンス)…身体のラインがよく見えるフィットした服、ジャズシューズ(柔らかい革製の専用シューズが存在する。カペジオから発売されている「ダンスニーカー」という爪先とカカトが分かれた専用スニーカーもあるが、教室によっては敬遠される)

ソウルダンスやストリートダンス(パンキングロッキンポッピンハウスヒップホップなど立ち踊り全般。クラブジャズなどのストリートダンス寄りのジャズダンスも含む)…踊りやすい服装(余り身体にフィットしていないオーバーサイズのものが好まれる傾向にある)、スニーカー(軽くて靴底が平らなものが好ましい。ポッピンの場合、ハッシュパピーを履くのを推奨するクラスもある)

ブレイキン…踊りやすい服装、ヒジ当て、ヒザ当て、リストバンド(手首のサポーターもあり)、ヘルメット(ヘッドスピンの練習用。常備する必要は無いが、あると個人練習する時に便利。慣れればニット帽で代用可能だが、初心者はヘルメットを使わないと頭頂部を痛める)

◆タップ…動きやすい服装、タップシューズ(床に傷がつくので、スタジオによっては使用を禁じている場合もある。事前に問い合わせて確認が必要!)



基本的に服装は自由なのだが、例えばバレエやモダンダンス、昔ながらのジャズダンスのクラスは身体の線が重要なジャンルなので、身体にフィットしていない服は敬遠される。
また、専用のシューズが存在するジャンルに関しては、出来る限り、専用シューズを用意した方が良い。

帽子などに関しては、あくまでも趣味の範疇なので指定は無いが、バレエや昔ながらのジャズダンスなどでは基本的にかぶらない。

ブレイキンのパッドやサポーターの類は、怪我を防ぐ為に必要になる。
無くても別に構わないが、筋力やバランス、柔軟性、動きに自信が無ければ使った方が良い。
練習中の怪我で踊れなくなる事ほど悔しい事は無い。
当然、これらのものを付けたからといって100%完璧に怪我が防げる訳では無いが、付けてない状態に比べれば、遥かに軽度の怪我で済む。

もし、服装などで悩むなら『ダンス・スタイル』などの雑誌が参考になる。
また、先生や先輩などに何がお薦めか、質問するのもいい。



【ダンスでは無いけど、番外編】
カポエィラ…Tシャツと動きやすいズボン(色の指定がある場合もある。Tシャツは必ずズボンに入れる)
後、俺が習いに行ったクラスは帽子は禁止(タオルを頭に巻くのも禁止)だった。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

【ダンスFAQ】ムーンウォーク(バックスライド)のやり方

Michael Jackson's moonwalk

一般的には「ムーンウォーク」の名称で知られるPOPPIN'の代表的なステップ「バックスライド」のやり方がわからない、という質問が多いので、書いてみる。

※左右どちらの足から始めてもいいのだが、便宜上「左足が前、右足が後ろ」という状態から説明する。

1. まず、後ろにある右足に体重をかけ、前にある左足を右足よりも後ろまで引く。
この時、出来る限り左足は床を引きずる(ように見せかける)。
また、体重を支える際、右足のカカトを浮かせ、爪先で体重を支える。

2. 右足より後方に下がった左足に体重をかけ、右足を左足よりも後ろまで引く。
詳細は上記の通り。

3. 繰り返し。


以上がバックスライドの方法である。

ムーンウォーク2

ムーンウォーク3

ムーンウォーク4

ムーンウォーク5

ムーンウォーク6

ムーンウォーク7

ムーンウォーク8

仕組みとしては、両足を交互に後方に下げて、後ろ向きに進む。
前に出ている足には体重をかけず、後ろ足の爪先に重心をかけ、前足を後ろ足よりも後ろに下げる。この前足は、限り無く床に接地しているように見せかけ、滑らせるのがポイントである。
コツさえ掴めれば、後方に下がる他、横に滑る「サイドスライド」、円形にグルグル廻る「ムーンウォーク」が可能になる。

靴の裏の微妙な使い方をマスターすれば、あたかも浮遊しているかのような不思議なニュアンスを出す事が出来るようになる。
また、履いている靴によって、やりやすかったり、やりにくかったりするので、スライドがやりやすい靴を探す事をお薦めする。
個人的にはNIKEのAIR FORCE 1や、adidasのSUPER STARのような、「靴底が真っ平らなローテクスニーカー」をお薦めしたい。
【NIKE(ナイキ)】【メンズ】【カジュアル】 AIR FORCE 1 07 ホワイト×レッド【NIKE(ナイキ)】【メンズ】【カジュアル】 AIR FORCE 1 07 ホワイト×レッド
()
不明

商品詳細を見る

adidas(アディダス) SS 1(スーパースター1) 046149 キャメル/ダークブラウンadidas(アディダス) SS 1(スーパースター1) 046149 キャメル/ダークブラウン
()
不明

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

【ダンスFAQ】個人練習は何をすべきか?

よくある質問に「個人練習って何やればいいのかわからない」というものがある。

特に決まりなんか無いのだが、一つだけ言える事がある。それは「練習は何となくダラダラしてても意味が無い」という事である。
人間の集中力なんて何時間も続かない。長時間ダラダラやるよりも、短時間に集中してサクッと終わらせた方が身になる。

短時間でサクッと終わらせるにはどうすればよいか?
それには「今日の目標」を掲げるといい。
「今日は逆立ち30秒キープ」でもいいし、「今日は一曲分パドブレ踏みまくる」でもいいし、「今日は腕立て臥せ30回」でもいい。
今日、絶対こなす目標を立てるのである。
しかし、無理無く目標を設定しなければ、達成出来ないので、自分がやれる範囲よりちょっと上くらいを目安にすればいい。
昨日スクールで習った内容のおさらいでもいいし、レクチャーDVDのワンムーヴでもいい。
それを習得する為に練習すれば、必ず身に付いていく。

俺は、最初にストレッチなどの準備運動をしてから、リズム取りの練習をする。
それから、ステップなどの練習をして、最後は即興でフリーで踊っている。
誰か他にいる場合は、お互いに教え合ったり、振り付けをその場で作って振り付けし合い、踊り込む。
自分の中だけだとネタ切れを起こすから、DVDで観たダンサーの真似をしたりもする。

ダンスの自主練習に決まりなんか無いが、スポーツなどのトレーニング方法などが参考になると思う。
運動系の部活をやっている(た)人に、どんな練習をしていたか訊くのも参考になるだろう。
DANCE STYLE × SAM from TRF DANCER PERFECT STRETCH & RHYTHM BASIC [DVD]DANCE STYLE × SAM from TRF DANCER PERFECT STRETCH & RHYTHM BASIC [DVD]
(2008/07/10)
SAM(TRF)

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

【ダンスFAQ】ダンスレッスンの内容

「ダンススクールに興味はあるけど、どんなレッスン内容なのか、わからないから不安だ」という声をよく聞く。
確かに、どんな事でも知らない事は不安になると思う。
そこで、ダンススクールでは概ね、こんな感じでレッスンが進んでいきますよ、という傾向を書いてみる事にした。



【ウォーミングアップ】
まずは、身体を動かしやすくする為に準備運動を行う。
クラスによっては、レッスン前に各自行うようになっている場合もあるが、大抵のクラスではストレッチを行い、筋肉をほぐしてからレッスンになる場合がほとんどである。
また、ストレッチの他にウォーミングアップとして筋トレしたり、走ったりするクラスもある。

アイソレーションという練習を行うクラスも多い。
アイソレーションとは、首、肩、胸、腰の各部位を独立させて動かす事で、各部位の可動域を広げる他、スライドさせて動かす、他の部位を動かさずに動かしたい部位のみ動かす、相互に組み合わせて動かすなど、自分のイメージ通りに身体を動かす練習。


【基礎練習】
基礎練習としてリズム取りやステップ練習などを行う。
反復練習により、リズム感を養ったり、ステップを繰り返し練習する。

BREAKIN'のクラスでは、逆立ちやチェアー、トップロック、アップロック、フットワークなどを行う事が多い。

BALLETの影響が強いJAZZ系のクラスでは、バーレッスンやクロスフロア、ターンやジャンプの練習を行う事が多い。

基本的に全てのジャンル毎に基礎が異なる為、そのジャンル毎の基礎練習となるメソッドを習得する時間が設けられている事が多い。例えば、LOCKIN'のクラスでは、トゥエル、ロック、ポイント、スキーターなど、POPPIN'のクラスでは、ヒット(ポップ)やウェーヴ、フロート(スライド)などを行う。


【振り付け】
基礎練習が終わると、振り付けを行う場合がほとんどである(クラス内容によっては、振り付けが無い事もある)。
先生によって、振り付けの流れにクセがあり、熟練者でも自分が普段受けていないクラスに出ると振り付けが覚えにくい事があるので、最初のうちは覚えられなくても、悲観的にならなくていい。
わからない点があったら先生にその場で訊くか、訊ける雰囲気で無ければレッスン後に訊くと良い。
先生も一緒に全員で踊る事もあれば、生徒を何分割かして踊る、先生抜きで踊る、一人で踊る事もある(上手い生徒のみピックアップする場合もある)。

クラスによって、「毎週違う振り付け型」「毎週同じ振り付け型」に大別出来る。

「毎回違う振り付け型」は、その名の通り、同じ振り付けは二度とやらないクラスである。
今週休んでも、来週は違う振り付けなので、休んでも安心して通える。また、いきなり参加しても、みんなと同じ状況なので、置いてきぼり感が少ない。

「毎週同じ振り付け型」は、先週の続きという感じで振り付けが増えていくパターンと、「今月の振り付け」みたいのが用意されているパターンがある。
振り付けが増えていくクラスの場合、先週休んだ生徒は、今週出ると、一週間分の振り付けが遅れているので、覚えるのに倍の労力を要する。
しかし、これを逆手に取って「先週は出来なかったけど今週はリベンジ」とか、「対オーディション用に長い振り付けを覚える練習」や、根性を養う事も可能である。

上記の複合型も当然存在するが、割合によって細分化される為、割愛する。

レッスンの流れは、概ね上記のような感じで進行する。



クラスの傾向として、「手取り足取り型」「徒弟制度型」に大別出来る。

「手取り足取り型」とは、懇切丁寧に説明が入り、出来ない生徒がいると先生、もしくは助手的な生徒が近くで実演しながら説明してくれる。
物事を頭で理解する人向け。

「徒弟制度型」とは、気合いと根性で見て盗めの精神で、古くからのクラスに多い。
物事は体感して覚える人向け。


この複合型も多く、割合によって細分化される為、例によって割愛する。



クラスのタイプ毎の特徴を挙げたが、同じジャンルでも先生が違うと、教え方は全くと言っていいほど異なる。
一番いいのは自分に合ったクラスである。
ほとんどのスクールが見学可能なので、通うのを検討している人は、検索サイトで調べてみたり、習い事雑誌やダンス雑誌、ダンスのフリーペーパーなどで探してみるといいだろう。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。