スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の九

ドラクエの世界ではどんな言語が使われているのか、想像してみた。

まず、初代ドラクエはアレフガルドという大陸が舞台だが、「~ガルド」というのは、古ノルド語で「垣根、園」を意味する「ガルズ」が由来だろう。
有名なところでは、北欧神話に登場するオーディンたちアース神族の住む「アースガルズ」や人間たちの住む領域「ミドガルズ」などが挙げられるだろう。

ドラクエ2のローレシアはローラ姫が名前の由来という設定だが、古代地球の北半球に存在したローラシア大陸も元ネタではないだろうか?
※ちなみにロンダルキアは、地名の候補を考えていた際に偶然「飽きるだろ」を逆さにしてつけた名前だそうである。

それでは、北欧の言葉が元になっているか?と言えばそうでは無く、ドラクエ3の表の世界は世界地図に酷似しており、地名も一応各国に由来していたりする。
ジパングはそのままだし、ポルトガはポルトガル、エジンベアはスコットランドの首都エディンバラ、シャンパーニの塔はシャンパンの産地であるフランス北東部のシャンパーニュ地方から、ロマリアはローマとイタリアを合体させたとすぐにわかる。
アッサラームはイスラーム語の挨拶だし、イシスはエジプト神話の女神の名前(イシスはギリシャ語で、古代エジプト語ではアセトだけど)、スーはネイティヴ・アメリカンのスー族、バハラタはインドの古名バーラタ、ダーマはサンスクリット語で法を意味するダルマ(Dharma)から。
ネクロゴンドは古代地球の南半球にあったとされるゴンドワナ大陸(ちなみに北半球にあったとされるのはローラシア大陸)とラテン語で死を意味する「necro」を合体させたものだろう。

ドラクエ4に登場するライアンら王宮戦士団を擁するバトランドは、英語の戦い(battle)と国(land)を合わせたものだし、アリーナの国サントハイムは、フランス語で聖なるという意味の「サント(sainte)」とドイツ語で家という意味の「ハイム(heim)」を合体させたものだろう。武術大会が行われるエンドールは、日本の貨幣である円と欧米の貨幣のドルから(エンドールは経済的、軍事的にトップクラスの国家として描かれている事から用意に想像がつく)。

…地名はそれぞれ様々な言語から採られているので、どんな言語が使われているのか、特定出来ない。



では、人名はどうか。
オルテガやピサロというのはスペイン語圏の姓だし、トンヌラはフランスに見られる姓、グプタはインド、ヒミコは日本(大和)、ロトやパウロ、マリア、カインなどは聖書に出てくる。

やはり和洋折衷で、どんな言語をしゃべってるのか、サッパリわからないのである(何せ、ゆうてい、みやおう、キムこう、ゆきのふ、ちゅん、よしりーん、すけさん、あきなといった名前も出てくる世界だし)。



世界のどこに行っても、普通に会話出来るのも不思議だが、それはまぁ便利なコモン(共通語)があるとして、各地域にはそれぞれ国の言葉もあってそれを使っている、と考えるのが妥当かも知れない。
単一言語だから文化が似通ってる(その国毎の特色があまり見られない)のはそのせいか(FFは逆に町毎に変わりすぎ。隣接してる国の影響が無い、ってのは凄い。それでいて言葉は通じる)。
イシスやジパング、スーなど独自の文化を持つ国では、日常語は共通語よりも土地の言葉を話すのかも知れない。
共通語は英語みたいなもんだろうな。

********************************************************

【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の壱
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の弐
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の参
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の四
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の五
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の六
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の七
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の八
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の九
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾壱
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾弐
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾参
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾四
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾伍
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾六
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾七

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
(1968/11)
芥川 龍之介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。