スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダンス】ファッションの話。

昔のダンサーはファッションリーダーだったが、最近のダンサーは各ジャンル毎に「定番の服装」が出来てしまい、正直カッコいい、真似したい目標とされなくなったのではないか?と思う。

パンクファッションやゴスロリみたいなもんで、過激な服装はTPOをわきまえない服装に見える。
また、黒人アーティストのようなダボダボした服装や、露出度の高い服もTPOをわきまえない服装だ。
しかし、その文化を象徴するファッションでもある。
制服化すると没個性に繋がるが、それ故にダンサーがファッションリーダーたり得なくなり、逆に「わかりやすくなった」のだと思う。
つまり、「ダンサーってこういう服装だよね」という共通イメージが浸透し、ダンサーもまたその流れに乗ったのである。

例えば、一昔前のハウスダンサーならば、「長いドレッドか坊主にハンチング」、「細身のデニムパンツ」が主流だったし、ポッパーならば「ドゥーラグかバンダナ、ハット」、「ボタンダウンシャツかTシャツ」、「チノパン」、「ハッシュパピー」というのが定番だ。

メディア的なダンサー像ならば、「キャップ」、「Tシャツ」、「ダボダボしたデニムパンツか迷彩のパンツ」、「スニーカーかティンバーランドのブーツ」という、一昔前のHIPHOPダンサー風の服装をクライアント側が想像している事が多い。
だから、PV撮影なんかの仕事に普通の服装っぽい服装を用意していくと、着替えさせられる事が多いのだ。
「いかにも!」な格好じゃないと、カメラのフレームにも入れて貰えない。
全然、リアルじゃない。

ダンサーが服を選ぶポイントはまちまちだ。
「ファッション性」、「踊りやすさ」、「意外性」など。
例えば、ファッションでいう「外し」た服をワザと着る事がある。
ワザとコテコテのHIPHOPファッションをしてみたり、細身の格好をしてみたり、スーツを着てみたりする。
俺は以前、「鉢巻状にしたバンダナ」、「『うる星やつら』のラムちゃんのプリントTシャツ」、「くるぶしまでの丈のケミカルウォッシュのジーパン」、「プロケッツのバッシュ」、「リュックサックにポスター」、「コミケの紙袋」というコテコテ秋葉系ファッションでアニソンかけてカッコよく踊るショータイムを企画した事があったが、先にやってるチームを観てしまったので泣く泣く没にした事がある。
動画投稿サイトで人気のゾンビーズというダンスチームがいるが、彼らはその名の通り、ゾンビのコスプレをして踊る。
大人から子供まで人気である。
コンセプト的に似てる。意外性というのは面白い。

Zombies -Doraemon Dance-




友人のB-Boy、KAZくんは「踊らなさそうな服装」を好んでいる。お洒落な綺麗めな服装でバリバリBREAKIN'をかますのだ。
これはカッコいい。

多様化の世の中で、逆に制服化していっているのが面白い。
若い女性の中でも、ギャル系やお姉系、エビちゃんファッション、モエちゃんファッションといった流れがあり、制服化しているが、ダンサーの服装選びにも、こうした流れに似た考え方、つまり「仲間や集団の中で浮くのが怖い」というものがある様に思うのは、気のせいだろうか?
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。