スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビゲームのはなし

多種多様なゲーム機が氾濫する今、最も俺のハートを熱くするゲーム機はファミコンだ。

ファミコン。
お母さんがセガやプレステなど、ゲーム機を全部ひっくるめて呼ぶ「ファミコン」ではない。
任天堂社謹製、『ファミリーコンピュータ』の事である。

我が家には現在、初代ファミコンの他に、AVケーブルがついたAVファミコン(当然、アダルトヴィデオじゃなくて、オーディオヴィジュアルの方のAV)、そしていわゆる「FC互換機」と呼ばれるパチファミ(偽ファミコン)が数台ある。
携帯に便利なPocket BoyなるFC互換機が最も稼働率が高い。

ファミコン時代のゲームは、容量が少ないので、プリミティヴなゲームばかりだが、昨今のヴィジュアル面は凄いけど、中身スッカスカのゲームよりも何倍も楽しいと感じる。

将棋やトランプ、すごろく、ジャンケンなどを見ればわかるように、ゲームとはルールさえあれば充分楽しめるものだ。
ルールはシステムと言い換える事が出来る。
システムさえしっかりしてれば、ヴィジュアルもシナリオも最低限で充分。
稚拙なヴィジュアルだからこそ、脳内補完が必要で、いわゆる「見立て」をしながら遊ぶ楽しみがある。

我が家に初めてファミコンがやってきたのは、小学4年生の誕生日。
初めて買って貰ったソフトは『ドルアーガの塔』だった。
クリアに必要な宝の出し方がそれぞれの階で異なり、「レッドスライムの呪文を盾で受ける」だの、「ゴーストをすべて倒してからローパーと交差する」だの、攻略本見なけりゃわかるか!そんなもん!とクソゲー扱いされてもおかしくない難ゲーであったのだが、当時の俺には麻薬のような魅力があり、その難しさに何度涙し、やがて何回クリアしたか知れない。
持ってたソフトが暫くこれ一本だったから、とも言えるが。
今でも大好きで、ファミコン版の他にPSPやDSの『ナムコミュージアム』版でも遊んでいる。

同級生の中にはセガ派の大島くんや、ファミコンの他にMSXも持ってる田島兄弟がいたので、実に様々なゲームで遊んだものだ。
大島くん家で糸人間みたいなヴィジュアルの『ロードランナー』をやったり、田島くん家でアスキーの『ダンジョンマスター』(3Dダンジョンの有名な方じゃなくて、2Dの『ローグ』っぽい見た目のゲーム)をプレイする様を見たりしたのはいい想い出である。

時間が出来るとファミコンソフトを秋葉原の中古屋に掘りに行っているのだが、探してるソフトに巡り会えたときの喜びは、何物にも替え難いものがある。
想い出のレコードや想い出の本みたいなものだ。

ゲームはもはや、立派な芸術と言えると思う。

ファミコンソフトのデザインもいい。
バンダイの丸みを帯びたソフトやナムコの鋭角なソフトも味があっていいと思うんだけど、未だに用途がわからないのが、タイトーのソフトにあいてる穴と、アイレムのソフトについてる発光ダイオード。
あれ、何の意味があるんだろ?

後、接触が悪いときにやる「カセットふー」って誰に教わった訳でも無く、全国的に行われてるけど、アレは人間の本能なんだろうか?
それとも、俺が知らないだけで、高橋名人か毛利名人か橋本名人あたりがテレビか雑誌で教えてたのだろうか?

未だに謎が多い。

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。