【好き】ホラー、大好き!

オイラは臆病な子供で、トイレに一人で行くのも怖かったが、何故か妙に惹きつけられるものがあり、妖怪の本や怖い話、民話などに興味を持っていた。
死んだらどうなるのかな?といつも考えているような子供だった。

また、大人になってから結構色んな人が考えている事だと知ったのだが、

「世界に人間は自分だけで、周りにいる人たちは実は人形なんじゃないか?」

「地球は自分が成人するまでの間、試練を与える為に作られた環境で、大人になったら本当の自分の世界に還るのだ」

「魚や両生類、爬虫類、哺乳類など脊椎動物は卵から胎児に至るまでのプロセスが酷似しているのに、昆虫や節足動物はさなぎになったり変態したりして、成長過程が異なるので、実は宇宙から隕石にのってやってきた外来種なのではないか?」


といった妄想を逞しくしていた。

世界は自分の周囲だけで、川向こうの知らない土地は異界であった。

そんなこんなで、すっかり怖いモノに取り憑かれており、怪談蒐集や民俗学に俄然興味が湧く。
『まんが日本昔ばなし』や『世にも奇妙な物語』の怖い話に狂喜乱舞し、世界の神話や伝承、ファンタジー、民話関係の本を読みあさり、ホラー映画も観るようになっていった(もちろん、ゲーム好きな事も相互に関係し、拍車をかけた)。

オイラが少年時代を送った80年代はB級ホラー全盛期で、『バタリアン』や『死霊のはらわた』といったホラーが流行っていて、レンタルビデオ屋に行くと、人気コーナーにはいつもホラー映画が数多く陳列されていた。
夏ともなれば、コーラやスナック菓子片手に姉と二人で、ホラー映画を何本も借りてきて鑑賞したものである。

スティーヴン・キング『ペットセメタリー』、『IT』といったビッグタイトルを始め、各種ゾンビ系スプラッターや『クリープショー』などのB級ホラー、伊丹十三『スウィートホーム』、実相寺昭雄『帝都物語』など和製ホラーなども観た。

今でもレンタルビデオ屋でサム・ライミだとかジョージ・A・ロメロ、ルチオ・フルチといった名前を見掛けると嬉しくなる。

また、高校生の頃にTBS『ギミアぶれいく』内でやったH.P.ラヴクラフト原作のドラマ「インスマスを覆う影」を観て、ラヴクラフトに興味を持ったりした。
H.P.ラヴクラフトや彼の創作したクトゥルフ神話の名前は、ケイブンシャの「世界の怪獣大百科」や、映画『ネクロノミカン』などで知っていたが、それを日本を舞台にドラマ化した事に感動を覚えたものである(確か千葉の片田舎とかいう設定で、地名“インスマス”に“蔭洲升”という漢字をあてていた。イカス!)。
最近、このドラマに出てきた小道具の“魔導書ネクロノミコン”が、主演の佐野史郎さんお手製と知り、氏のファンになった。
また、佐野史郎さんは熱心なラヴクラフト・ファンであるラヴクラフティアンとして有名で、TRPG『クトゥルフの呼び声』(正気度チェック!)を奥さんや嶋田久作さん(魔人、加藤保憲!)、バンドのメンバーと遊んでいたり、クトゥルフ神話を題材にした小説の執筆などをされている事を知り、勝手に嬉しくなってしまった(そんな事もあり、佐野史郎=冬彦、というイメージは、オイラには無い)。

『13日の金曜日』や『デスファイル』などの単なるスプラッターは嫌いなのだが、ゾンビものやモンスターパニック系、心理的な恐怖のホラーなどが大好きである。
また、結末が謎に包まれたまま終わるものを特に好む(オチがつくと恐怖が半減するから)。

やはり、恐怖は得体の知れないものがいい。
クトゥルフの呼び声 クトゥルフの呼び声
サンディ ピーターセン、リン ウィリス 他 (1993/05)
ホビージャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム

なぜ「レクター博士」が「人喰い」になったのか?「医学」に詳しいのか?これを観れば一目両全!!あの暗い時代「ナチス・ドイツ軍」がこの映画の禍々しさを増幅させる。また「若きハンニバル」の妖艶な色っぽさ!!それがまた不気味さをより引き立たせる。キャストは最高ー

劇場オリジナル版(ノーカット)!ゾンビ3

状態レンタル落ち中古ビデオメーカー東映公開・放映情報1985年米102分スタッフ監督:ジョージ・A・ロメロ特殊メイク:トム・サビーニキャスト出演:ロリ・カーディル/テリー・アレクサンダー/ジョセフ・ピラトーほか情報劇場オリジナル版(ノーカット)!生者と死者の数が逆

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド