スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RPG】ソード・ワールドRPG

中学生の頃に一番頻繁にTRPGで遊んでいたんだけど、『ソード・ワールドRPG』に出会ってからは、こればかり遊んでた気がする。

ソード・ワールドは非常に普及しやすいゲームだった。ルールブックは文庫本だし、使うサイコロは6面体ダイスのみ。
覚えるルールも「技能レベル+関連する能力値ボーナス」を足したものを基準値として、そこにサイコロ2つの出目を足した数が、目標値以上なら成功、少なければ失敗。
6ゾロは自動的成功で、1ゾロは自動的失敗。
これさえ覚えておけば、充分遊べる。

ソードワールドの特徴は、まずキャラクタークラス(職業)という概念が無い事だ。技能(スキル)制を導入していて、経験点を消費して技能を取得、成長させていく。


また、武器、鎧の強さは重さ(必要筋力の大きさ)が大きく関わる。
筋力の無いキャラは、重い武器や鎧が装備できない。どんなにファイター(戦士) 技能レベルが高くても、装備出来る武器は、キャラクターの筋力以下の必要筋力の武器でなければならない。



魔法使いの概念も面白い。
ソーサラー(魔術師)、プリースト(僧侶)、シャーマン(精霊使い)の三種類の技能があり、それぞれ制約が設けられている。
たとえば、ソーサラー技能を使う場合、魔法の発動体(メイジスタッフなど)を装備していなければならなかったり、鎧はソフトレザー(柔らかい革の鎧)までに限られる。
つまり、技能は自由に選択出来るけど、それなりに制限があるから、技能を取りまくればいい、という事では無く、キャラクターの能力値に合った技能を成長させる事が重要になってくる(もっとも、能力値を無視してわざと辛いプレイを楽しむ方法もあるけど…)。

そして、当時ライトノベル業界を席巻していた人気小説『ロードス島戦記』と同じ世界観を舞台にしている為、友人にロードスを貸して、ゲームに誘って仲間を増やすのが容易だった。

そんなこんなでソード・ワールドばかりやっていたのである。

オイラは図書室に入り浸っていた生徒だったので、図書室の先生と仲が良かった。
ある日、先生に
「入れて欲しい本があるんだけど」
と、出版社名、著者名、タイトルを書いたメモを渡して、TRPG関連書籍やライトノベルを大量に導入したりした。
こうして、ルールブックを持ち歩かなくても、放課後にゲームが遊べる環境を作っていった。まぁ、常に持ち歩いていたんだけど。
後輩の中には遊んだ子たちもいたのかなぁ。

また、部活は漫画研究会だったんだけど、部活そっちのけでTRPGをやっていた。
そして学校帰りにホビーショップや本屋に寄っては、TRPG関連商品を眺める日々。
正に中学時代は、TRPGに捧げた青春と呼んでも過言ではない。

ソード・ワールドRPG (富士見文庫―富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールドRPG (富士見文庫―富士見ドラゴン・ブック)
(1989/04)
水野 良、グループSNE 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。