スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーモンキーのはなし

高校生の頃、授業でシーモンキーを飼育していた。

我が母校は選択授業制で、自由に授業を選べた。
その中に「微生物研究」という、趣味的にドンピシャな科目があり、履修したのだった。
微生物研究とはいうものの、実際はどんな生物でも研究対象にしてよく、先輩の中には井の頭自然文化園の象の「はなこ」を研究した猛者もいたという。
おいおい、象は微生物じゃないじゃん!とツッコミを入れつつ、微生物研究の授業で象を研究しようと思った先輩のデカさに慄き、先生の懐の広さに感動を覚えた。

そんな訳で、何を研究対象にしてもいいという事で、俺と友人のPとケンとで組んだチームは、シーモンキーを研究対象に決めた。

シーモンキーは商標で、通称はブライン・シュリンプ。正式名称はアルテミア(学名はArtemia franciscana)という。
熱帯魚などの飼育用の餌として流通しており、理科室にも缶で卵が大量にあったし、人工海水もあったので、初期投資はゼロ。
水槽に人工海水を作り、卵を入れるとおよそ半日から一日で幼生が孵化する。
幼生は1mm程度の大きさだが、成長すると1cmくらいになるので、肉眼でも充分観察出来る。
通常は背中を上にして泳ぐが、光を当てると逆さまになって泳ぐ。慣れると光を当てても背中を上にして泳ぐようになってしまう。
繁殖期になると、オスがメスを抱きかかえるようにして繋がって泳ぐようになる。
我々はこれを「パーマン泳法」と呼んだ(別にパーマンみたいに繋がったから速くなる訳じゃないけど。むしろ、メス、オス、オスと3匹繋がっていたものは他の連中に比べて遅かったし、メス、オス、オス、オスと4匹繋がっていたものは、泳げずに沈んでいた)。
繁殖も容易なので、何世代かにわたって飼育した。
ショウジョウバエよろしく赤目の固体が生まれたりした。

こんな感じで色々調べたりしていたのだが、学園祭で研究成果を発表する事になり、我々は焦った。
模造紙に研究成果を羅列しても面白くない。
もっと笑える要素を盛り込まなくては…!
まぁ、とりあえず拡大撮影出来る機材を先生に借りる事にした。
すると、ビデオ撮影出来る顕微鏡を貸してくれた。
この機材を使いながら、録画しながらリアルタイムに色調修正が出来る事に気付いた。
やれる、これさえあれば、笑いが取れるぞ…!

微生物研究発表の準備

俺はCDプレーヤーをビデオ顕微鏡の音声端子に接続すると、当時流行っていたジュリアナ東京のCDをかけながら、色調修正を赤、黄、青、紫、緑…とパンパンパンパン、リズミカルに切り替えていった。
テレビ画面に出力された映像は、さながらダンスフロアでシーモンキーたちが乱舞しているかのようだ。
Pとケンがゲラゲラ笑っているのを見て、イケる!と確信した俺は、すぐさま録画に取り掛かり、『SEA MONKEY RAVE』のビデオを作成した。
先生に観せると、先生も爆笑し、研究ノートと共に一番目立つ場所に展示してくれた。
理科室から響くジュリアナ東京の音楽は一際、異彩を放っていた。

結果、「お前たちの展示物が一番ウケてたよ!」と先生から褒められた。
研究ノートも後輩たちの為に学校に残して欲しい、と言ってくれた。
悪ノリでシーモンキー研究しますwwwってつもりだったのに、先生はやたら気に入ってくれていた。
何だか申し訳ない気持ちになった。

いまだに文化祭とか学園祭って単語を見聞きすると、この授業の事を想い出す。

生きた化石 ジュラ伝説生きた化石 ジュラ伝説
()
銀鳥産業

商品詳細を見る


エイベックス・レイヴ’93エイベックス・レイヴ’93
(1993/07/10)
オムニバス、レイジ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。