スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画の読み方が解らないという事。~御約束とは何か~

以前、何かの本を読んでいたら、
「漫画の読み方が解らない」
という一文に目が留まった。

幼少の頃から呼吸するように漫画を読み漁ってきた自分としては、漫画の読み方が解らないという事が解らなかった。

漫画には文法が存在し、漫符(by 相原コージ、竹熊健太郎)、形喩(by 夏目房之介)と呼ばれる独自の記号によって、情景だけでは表現しきれないキャラクターの内面や状態を表現している。

また、カメラの前にあるものが撮影される映画と違い、漫画は作者が意図して描かない限り、そのコマ上に絵が乗らない。
つまり、コマ上に描かれた絵には、何らかの作者の意図が反映されている場合が殆どである(例外としては、ドラマなどの影響で街の風景を淡々と書き込むなどがある)。

こうした「お約束」は、漫画を読んでいると無意識に蓄積され、例えば漫画を描かない人でも、ノートの隅などに落書きする際に漫符(形喩)を用いていたりする。
例えば、汗を飛び散らせる事で疲れや焦りを表現したり、脚の代わりに渦巻きを描く事で走っている事を表したり、さくらももこ『ちびまる子ちゃん』以前からあるものの、ちびまる子ちゃん以後に爆発的に広まった「青ざめた様を示す顔、もしくは頭に入る縦線」などは、落書きで頻出する漫符(形喩)と言えよう(最近の漫符としては、驚いた時に大きな白い目と四角い口になる簡略化した顔になったりする事が多いように思う)。

しかし、「お約束」とは、その文化の枠内であるから通用する常識であって、文化の枠外においては効果を発揮しないものである。
つまり、「漫画が読めない(読み辛い)」という事になる。

また、ギャグや流行りはその作品が描かれた時代背景が如実に反映される事が多く、現代では通用しない可能性が高い。

これは当然、他の文化でも当然当て嵌まる。
「落語の良さが解らない」
「歌舞伎の良さが解らない」
「バレエの良さが解らない」
「オペラの良さが解らない」
「ダンスの良さが解らない」

誰とも約束していない「お約束」を疑わなければ、マニアだけのものに堕してしまう危険性を孕んでいる。

文化を維持するには、常に一定数の支持者を必要とする。
支持者を確保するには、その文化の「お約束」を学べる環境を整備する必要がある。

野暮な説明では無く、幾つかの作品をビギナーでも読解し易い様に提示したり、愉しめるものを紹介したりする事で、その文化を維持出来ると思う。

伊集院光が「日曜日の秘密基地」の「秘密基地VIPルーム」で春風亭小朝師匠と「落語ソムリエ」について語っていたが、文化は時代を経たり、細分化するとソムリエを必要とすると思う。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。