スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【好き】漫画

幼少の頃、一番好きな事はお絵描きだった。
漠然と絵を描いて暮らせたら幸せだな、と思っていた。
紙と鉛筆さえ与えておけば、静かにしていたので、親もよく筆記具を渡していた。

描くモティーフは怪獣で、ゴジラやウルトラマンなど、東宝系怪獣を好んで描いた(逆にガメラなどの大映系怪獣は全く描かなかった。成田亨のデザインが特に好きだった)。

子供心に背中のファスナーが気になり、それを描いては「リアルでしょ」と言っていた嫌なガキだった。
親友の父親が本職の絵描き(着物の柄のデザイナー)だったので、その人から「とにかく、デッサンやれ」と口を酸っぱくして言われたが、守らずに怪獣図鑑の模写ばかりやっていた。おかげでいまだに背景が苦手である。
やっぱり何事も基礎が大事です。言いつけ守ってりゃ良かった…。

小学生になると、次第に興味は特撮からアニメや漫画に変わった。
アニメは『機動戦士ガンダム』や『銀河鉄道999』(松本零士!)、『ダーティ・ペア』(高千穂遥!)など、SF色の強いものが特に好きだった。
漫画は水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎』や藤子・F・不二雄『ドラえもん』、『エスパー魔美』、鳥山明『Dr.スランプ』、『DRAGON BALL』、高橋留美子『うる星やつら』、ゆうきまさみ『究極超人あ~る』などを中心に読んだ。

徐々に「漫画家になりたい」と思うようになっていった。

カラー原稿を白黒コピーすると、スクリーントーンを貼ったように見える事を発見し、自分で描いた原稿は着色したり、大きめの文房具屋でGペンや丸ペンとペン軸を買い、ケント紙に鉛筆で下書きしてからペン入れしたり、という事をするようになった。
図工の科目が一番好きだったので、常に5を取り、消防署から表彰された事もあった(絵は暫く区の施設に他校の生徒の作品と共に飾られ、記念品として賞状と絵の具を貰った)。
段々と自信のようなものが湧いてきた。
当時、御多分に漏れずファミコン少年だったので、描いていたのは篠崎雄一郎にバリバリ影響受けまくった『ドルアーガの塔』や、鳥山明の絵のまんまの『ドラゴンクエストII』の漫画だった。
TRPGは遊んでいたが、ストーリーは割とゲームのイメージの支配から抜けていなかった。

クラブ活動は当然「マンガクラブ」で、顧問の先生がオイラの漫画をコピーして小冊子にして、職員室の前に展示してくれた。

小6で受験した際、進路の決め手は「漫画研究会があったから」。
今から考えればどこの学校にだってあるのだが、当時見ていた学校資料で部活に漫研を載せていたのが我が母校くらいだったので、そこに決めたのだった。

中学に上がると、漫画とアニメに加え小説を読むようになった。
アニメと漫画は高橋留美子『らんま1/2』、ゆうきまさみ『機動警察パトレイバー』、小説はJ.R.R.トールキン『指輪物語』、夢枕獏『幻獣少年キマイラ』、水野良『ロードス島戦記』、千葉暁『聖刻1092』など、ファンタジーものやライトノベルを好んで読む、いわゆるオタク少年のハシリだった。

この頃描いていた漫画は人物の絵柄は出渕裕、モンスターの絵柄は末弥純と幡池裕行、ストーリーは自分が遊んだD&Dのリプレイを真面目にしたという、ロードス島戦記などにバリバリ影響受けまくったものであった。
そして、幸か不幸か、その事に気づいた事でスランプに陥り、漫画が描けなくなってしまった。

真似でもいいから描く、という開き直りが出来ていたら、漫画を書き続けていたかも知れない(藤子不二雄や石ノ森正太郎だって絵柄は手塚治虫の真似から始まったし、その手塚治虫だって絵柄はディズニーからの借り物だし。人間は模倣にプラスアルファする事しか出来ない。そのプラスアルファの元ネタをどこから引っ張ってくるかや癖や好みが個性な訳で)。
しかし、ぶっちゃけ学生の同人誌レベルの酷い内容だった。

ストーリーが特に酷かったのである。

あの頃は潔癖過ぎて開き直れなかったけど、大人になった今、逆に面白がってパロディ作品を描けると思う。
じいさんになったら、老後の趣味として漫画でも描こうかな。
藤子・F・不二雄のまんが技法 (小学館文庫)藤子・F・不二雄のまんが技法 (小学館文庫)
(2000/03)
藤子 F・不二雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。