スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書籍】聖刻1092

あ の 朝 日 ソ ノ ラ マ が 店 を た た む 。
先月、友人のナカタニさんから聞いたニュースに、栄枯盛衰の悲しみを感じた。

朝日ソノラマと言えば、高千穂遥『クラッシャー・ジョウ』や『ダーティ・ペア』、菊池秀行『吸血鬼ハンター“D”』、夢枕獏『キマイラ・吼』、そして千葉暁『聖刻1092』といった、当時の読書好きな小中学生が必ず通る道の一つであった(角川スニーカー文庫の先輩格である)。
最近は今市子『百鬼夜行抄』を読んでいたのだが、その出版社が消えるというのは何だか少し、切ない。


**********************************************************************


さて、今回紹介する作品、『聖刻1092』の舞台はアハーン大陸。神秘の力「聖刻(ワース)」が眠る大地。
聖刻石を然るべき配置に並べた仮面(ペルソナ)を用いて超自然的な力「練法」を操る「練法師」が歴史の裏に暗躍し、やはり仮面の力で動く巨大な人型のからくり人形「操兵」が軍事力として使用されている世界。

中原にある村カロウナに暮らす修行僧、悪たれフェンは、父の遺した老操兵「ニキ・ヴァシュマール」を駆って外の世界に飛び出す事ばかり夢想する少年である。
人間離れした頑強な肉体を持ち、欲望のままに行動するフェンに、ほのかな想いを寄せるリムリア。二人は喧嘩しながらも仲睦まじく暮らしていた。

しかし、《蒼狼鬼》ガシュガル・メヒム率いるグルーンワルズ傭兵団の操兵隊が現れ、村を蹂躙し、リムリアを拉致する事件が起こる。
フェンは怒りに燃え、ヴァシュマールで迎え撃つが、ガシュガルの操兵の操る《気闘法》の前になす術もなく倒されてしまう。
数日後、回復したフェンは、リムリアの養父でソーブン寺の管長ハラハ・ヴァルマーから、リムリア奪回を託され、ヴァシュマールと共に旅立つ。

フェンは旅を続ける中で、自称“カグラ一の占い師”ジュレ・ミィやダマスタの美しい剣士クリシュナ・ラプトゥ、豪放たる聖騎士ガルン・ストラといった仲間と出逢い、やがて練法師たちの組織《聖華八門》、そして《八の聖刻》に絡んだ巨大な陰謀に巻き込まれて行く。

物語の魅力の大半は操兵にある。
操兵には三種類あり、それぞれ《狩猟機》、《呪操兵》、《従兵機》と呼ばれている。
狩猟機は騎士が乗る操兵で、鎧を身に纏った武者の様な姿をしている。武器戦闘が主な役割で、国家においては主な軍事力として扱われている(個人で所有出来るほど安価では無い)。
呪操兵は練法師が乗る操兵で、奇妙な姿(腕が複数ついてたり、左右非対称だったり)をしている。練法を使う為の仕掛けが施されている。格闘には不向きな機体がほとんどだが、中には例外的に格闘を得意とするものもある。
従兵機は下位機種で、首が無く、胸にあたる部分に仮面がついている無骨なデザインのものが多い。兵士用の機体で複数人が乗れるものも多い。

操兵は操縦者である操手と仮面の相性が合わないと、動かせない。
その為、あたかも生き物に接するかのような描写も多く見られる。
これは聖刻世界を舞台としたTRPG『WARES BLADE』においてもルール化されており、ダイスの目が悪ければうんともすんとも言わなかったり、転倒してしまう事もある。
操兵の操縦は難しい。
WARES BLADE

千葉氏の操兵の描写は、躍動感すら感じられる。
質感や動きなどが緻密に描かれ、実際に操兵があったらこんな感じなんだろうな、というイメージがしやすい。
そして、壮大で豪快な作風で読んでてワクワクしてくる。
いわゆる「血沸き肉躍る」冒険活劇という感じなのだ。
男の子の世界である。
文庫版は絶版だが、加筆修正した新書版として復刊されているので、興味がある人は是非、呼んでもらいたい。


**********************************************************************


ソノラマ関係で最後にもう一つ。
子供の頃、雑誌の付録に「ソノシート」ってペラッペラのレコードみたいのがついてた。
この「ソノシート」、朝日ソノラマの商標らしい。
知らなかった。

ソノシートはレコードの衰退と運命を共にした訳だが、最後にプレスされた作品名がヤバいwwwwwwwwwwwwww

ザ・スターリン「電動こけし/肉」てwwwwwwwwwww
ちょwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwww
※ザ・スターリンのソノシートは、朝日ソノラマとは全く関係がありません。
聖刻1092聖都編 I (ソノラマノベルズ)聖刻1092聖都編 I (ソノラマノベルズ)
(2006/02/25)
千葉 暁

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。