【ダンスFAQ】ダンスはどうしたら上手くなるか?(後半)

【ダンスFAQ】ダンスはどうしたら上手くなるか?(前半)からのつづき。

後半では暫く踊ってきて伸び悩んでいる人に向けて書いてみる。



黒人ダンスの立ち踊りを極めたいなら、ソウルダンスを習う事をお薦めします。
ソウルダンスは黒人のノリそのものです。

ソウルダンスの重要な要素にアフタービートと体幹運動があります。

アフタービートは遅取りとも呼ばれるリズムの取り方です。
普通、
『ドン、ドン』
とリズムを取るところ、
『ドンー、ドンー』
と引っ張るようにリズムを取ります。いわゆるタメてリズムを取る方法です。
これが出来ないとソウルダンスはカッコ悪く見えてしまいます。
アフタービートはいわゆる『黒い』雰囲気を出すのに必要な要素です。

体幹運動とは脊髄を使った運動です。
頭、首、胸、腰は脊髄によって繋がっています。この脊髄を揺らす事で頭、胸、腰で複合的にリズムを刻めるようになります。
黒人はこうした動きを生活環境の中で自然と体得しているのです。
ソウルダンスは全ての黒人ダンスの基礎だ、というにはそういった理由があるからです。
LOCKIN'POPPIN'HIPHOPHOUSEもソウルダンスをやる事で確実に上手くなります。
但し、BREAKIN'はソウルダンスとは別の流れで生まれている為、その限りでは無いです。
念の為。


また、ダンスの上手さは踊り込む事で身につくもの、そしてセンスを磨く事で身につくものがあります。ショーダンスを目指す場合、特にセンスを磨く事は大切です。
自分が踊っているジャンルはもちろん、全く違うジャンルのダンスもたくさん観る事、そして上手い人の踊りを観るのはもちろん、自分としてはイケてないと感じる踊り方のダンサーの踊り方にも注目します。
上手いダンサーを観てカッコ良さを学び、イケてないと感じるダンサーを観て「何がいけないのか?」を学ぶのです。何故、イケてないと感じるのか、そうしない為にはどこに気をつけて踊ればいいのか、そういう事を考えてみる事も大切なダンスの練習方法の一つです。

成功から学ぶ事も、失敗から学ぶ事もあるのです。

そうして審美眼を養うと、ダンサーが踊っている動きを見てすぐに盗む事が出来るようになります。
やるべきポイントがわかってくるからです。
そうすると振付を覚える速さも上がりますし、より多くのステップを覚えていけるようになります。



よく『オリジナリティが大切』と言います。オイラもそう思います。
しかし、ダンスには前述したような基礎が存在します。
基礎はダンススタイル毎に存在しますが、BREAKIN'ならば立ち踊り、フットワーク、フリーズ、そして多少の筋力と体力、バランスなどです。

LOCKIN'ならばソウルダンス、キャリーアップ(ウォーターゲート)、16ビート、ロック、トゥエル、ポイント、ピンプウォーク(キックウォーク)、スキーター、ファイヴ(クラップ)などが挙げられます。

POPPIN'ならばソウルダンス、筋肉の緊張と弛緩(ポップ)、ウェーヴ、スライド、ロール(アイソレーションはここでも活きてきます)などでしょう。

このようにジャンルによって必要な要素が異なる為、しっかりとその基礎を学ぶ必要があります。何故ならば、基礎無くしてそのジャンルが持つ独特の動きをする事は不可能だからです。似て非なるもの(形骸化した単なる動き)になってしまうのです。
逆に言えば、基礎さえしっかり叩き込んでしまえば、後はその応用で好き勝手に踊ればいいのです。そこにオリジナリティが出て来ます。
オリジナリティとは無理やり作り出すものでは無く、自分の内側から自然と滲み出て来るものです。
焦らず根気よく踊りを楽しむうちに、自ずとオリジナリティのあるダンスを踊れるようになります。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド