【ダンスFAQ】振り付けの覚え方

よくある質問の一つに、
「振り付けを覚えるにはどうしたらいいですか?」
というものがある。

振り付けやステップをレッスンやリハーサルなどで覚えられないと、一人取り残されたような焦燥感を感じるものだ。

振り覚えの早い人もいれば、遅い人もいる。
慣れればコツが掴めてくるが、普段踊り慣れない振りを創る人の動きを覚えるのは、また難しい。

振り覚えの遅い人の踊りを観る視点の一つに、
「ステップに気を取られて、足元しか見てない」
「動きの輪郭だけを見て、内側を見ていない」
という特徴がある。

初心者のうちは、足元ばかり目が行ってしまうが、ダンスはステップだけに非ず。
上半身の捌き方が悪ければ踏めないステップも多い。
頭のてっぺんからつま先まで、しっかり観るようにすると、ダンサーの身体の使い方のバランスが見えてくる。
このバランスを知ってから動くのと、知らないでステップだけ覚えるのとでは、バランスを知ってから覚えた方が遥かに身体に入れやすい。
苦労してステップを覚えたのに、次は上半身の捌き方も覚えなきゃダメだ、というよりも、ザックリでいいから全体を把握して、まずはステップから覚える、という方が効率的でもある(もっとも、ダンスに限らず、クリエイティヴな分野は、必ずしも効率的な方がいい、とも限らないのだが)。

また、動きは輪郭で見ても、理解し難い。
内側の動き(骨格や筋肉の動き)を想像し、どこに重心があるか、どのように動くものなのか、分析する必要がある。
内側の動きを見るようになると、体格の違う人の動きでも覚えやすくなるし、より正確な動きをトレース出来るようになる。

重心移動も大いなるヒントである。
通常、歩く時などでも、人は前後左右に重心移動をしている。
ステップを踏む際にも当然、重心移動が行われている。
この重心移動を意識するのとしないのとでは、踊りやすさに雲泥の差が出る。
例えば、右足に体重がかかったまま、右足を動かすのは、わざとそういう動きをしない限りは、普通やらない。
それを理解すると、次動かすべき足が自然と理解出来るようになる。
言葉にすると非常に単純な話なのだが、これが身体の感覚となるとなかなか出来ない人が多い。

普段から身体を動かし慣れている人が比較的ダンスを覚えやすいのは、身体感覚がある程度使われているからだろう。

身体を動かす事の少ない我々日本人は、元々ダンスとは縁遠い生活を送る事が多い。
そこでスクールやこうした分析が必要になってくるのではないか、と考えている。

自分の身体について知れば、より踊りやすくなる道理である。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト

comment

Secret

>>ピエロさん

ご質問ありがとうございます。

最初からすぐに踊れる人というのは、まずほとんどいません。
かく言う自分も、最初は自分が何をしてるのかわからないくらいのダンス音痴でした。
上達して下手だと言う人たちを見返してやりましょう!

まずは身体を動かし慣れましょう。
ダンスの練習とは、いわば「自分のイメージ通りに身体を操る訓練」です。
アイソレーション(首、胸、腰、肩を個別に動かす練習)やリズム取り、ステップの練習をとにかく完璧じゃなくてもいいから毎日やります(アイソレーションはYouTubeで検索するとやり方を説明している動画が出てきます)。
そして、自分の動きとお手本のどこが違うのか、よく観察して比較し、そこを修正していきます。

振り付けは、踊る曲がかかったら身体がつい動いてしまうくらい癖になるまで踊り込まないと、なかなか覚えられません。
もう、ひたすら繰り返し繰り返し練習しまくりましょう。
振り確認をしないと自信を持って曲で踊りにくいので、「カウントでの振り確認」と「音楽に合わせて踊る練習」を交互に繰り返していきます。
振り付けさえ覚えてしまえば、それが自信に繋がるので、立ち位置やフォーメーション移動の方に意識が向けやすくなります。
また、練習時に同じ場所で踊るのではなく、例えば鏡が無い状況や天井が無い屋外など、様々な場所で練習すると、空間把握能力が鍛えられます。

立ち位置移動の練習は一緒に踊る人たちと練習しないと、なかなか感覚は覚えにくいかも知れません。

ダンサーの動きを見る際、輪郭で捉えようとすると、重心移動などがわかりにくく、身体が遅れてついていかなくなる事があります。
その為、内側の動き(骨格や筋肉がどう動いているのか、重心はどこにあるのか)を見る必要があります。

人それぞれ手足の長さや体型がバラバラで、輪郭だけで動きを揃えようとしても、なかなか揃いませんが、内側の動きで揃えると見違えるほど動きが揃って見えるようになります。

頑張ってください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>TEKA 様

返信遅れてごめんなさい。

なかなか視点を上げるのは難しいですよね。
人間、納得出来ないと覚えられないと思うので、まずはステップを覚えて、それから徐々に視点を上げていく様にするといいと思います。
最初のうちは、足元を見る癖がなかなか抜けませんが、徐々に慣れていきます。

どうしても足元を見て 先生の後ろを見て踊る癖が直らないのです(T_T)
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド