想い出のR?hall

俺が高校生くらいの頃、クラブが流行りだした。
ビビりな俺は、二十歳の頃におっかなびっくりクラブデビューした。

当時、小学校の頃の同級生と一緒に日焼けサロンでバイトしており、二人で六本木のクラブに遊びに行ったのがキッカケだった。
その店では周遊券というのを発行しており、提携している店で一度入場料を払うと、その日のうちなら他の提携店舗に行っても入場料を二重に取られないという素晴らしいシステムであった。

俺が本格的にナイトクラビングにハマったのは、六本木スクエアビル10階にあった「R?hall(アール・ホール)」というハコである。
R?hallロゴ

当時、東京のダンサーの登竜門と呼ばれたイベント「CONNECT」や、TRFのSAMさんとROOTSのKOJIさん(現・ALMA)が主催していたイベントなど、人気イベントが開催される事でも有名なハコだった。

また、れいかんやまかんとんちんかんやELITE FORCEのダンスビデオのロケ地としても使われたりしていた。

エレベーターから降りると受け付けがあり、扉を開いてバーカウンター、ロッカーを抜けるとダンスフロアが広がる。ダンスフロアをはさんでDJブースの向こう正面にステージがあり、イベントによってはステージ上にもDJブースが組まれる事もあった。

CONNECTには、電撃チョモランマ隊や、SPICE、Coppertone、TR∀MPといった関東を代表するダンスチームが軒並み出演していた。それだけに権威もあり、初心者にとっては出演なんて夢のまた夢的なイベントであった。

しかし、当時通っていたスクールの師匠、SARAさん(SPICE)に
「生徒のみんなでCONNECT出ない?」
と誘われ、「さらまんた」というチームを組んで初出演した。
緊張ってレベルじゃねーぞ!ってくらい、メチャクチャ緊張したが、あのCONNECTに出てるんだ、という高揚感の方が強かった様に思う。

テレビ東京『RAVE2001』の影響で学生ダンサーが急増してから、ダンスイベントは徐々に若年化していった(高校生のチームが平日夜中のイベントに普通に出演するようになっていった。また、この頃から、いとうなおきからあかいけのりあきまで、てつお、SO DEEPといったRAVEダンサーの出演が増えた)。
友人のチームの応援や、自分たちのチーム「OFF THE LOCK」の出演の為にCONNECTには足繁く通った。
オーガナイザーのDJ WAKAさんとも仲良くなり、手品を披露して貰ったり、ステップを一緒に練習したりした。
スタッフの人たちにも顔を覚えられ、気軽に遊びに行けるようになっていった。

また、CONNECT以外にも、DJ JURIちゃんのハウスイベント「POWER BASE」に師匠のかつぞうさんやKENちゃん先生、CHEWさんたちと遊びに行ったりした。
シャネイやリンクといったNYのダンサーもよく遊びに来ていたので、物凄い刺激を受けた。しかも、当初はショータイムの無いDJタイムオンリーのイベントだったので、みんなひたすら一晩中踊りまくっており、自分も楽しむ為に踊るのだが、ついつい周りの踊りに目が惹きつけられてしまう。非常に濃密で貴重な時間だった。

イベントの内容も大事だが、ハコも非常に重要だ。同じイベントを他のハコでやると、やっぱり何か違う。

R?hallは残念ながら閉店してしまった。
イベントは他のハコに移り、今も続いているものもあるが、やはり変質しており、あの面影は無い。
もちろん、ハコが変わった事だけが原因では無く、時代などもあるのだろうけど、R?hallというハコには特有の魅力が確かにあった。
時に「R×R(アール・バイ・アール)」、「Kuaile(クアイル)」と名前を変えたけれど、最終的にR?hallと名前を戻していた。
店内の内装も時代によって変えていたけど、R?hallの雰囲気は本当に良かった。

最近は石原慎太郎の風営法取り締まり強化により、都内からクラブがドンドン消えていっている。
R?hallみたいないいハコで踊れる日は、またやってくるだろうか?

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド