【ダンス】審査する側、される側。

今まで何回かアーティストのバックダンサーのオーディションに行き、受かったり落ちたりしてきたが、あの独特の緊張感も楽しい。
(;´∀`)



オーディションもコンテストも実力と印象を残す力が問われる場である。
今まで何回かコンテストのジャッジをしてみて思ったのは、膨大な人数のダンサーを観て、覚えておくには印象が強くないと難しい、という事だった。
何をやっていた、何の曲を使っていた、何を着ていた、こんな子がいた、そういう印象が残らないチームは覚えておけない。また、人間の記憶力というのは某英会話スクールのCMじゃないが、古いものほど奥に追いやられてしまう。

また、目が慣れて来るので、最初よりも後の方が高度な技術を持っていないと印象に残りづらくなってくる。
出る(やる)順番によってジャッジに微妙なブレが生じるのだ。
もっとも、上手いチームは当然、印象に残る。
特に若手で基礎がしっかりしていると「おっ!」と目を引く。
逆に有名チームの真似や流行の動きばかりになると萎える(NORIMITSU@三十路の主観なので、全ての審査員がこう考えている訳では無い。念のため)。


コンテストの場合、使う音楽というのはマジで大切な要素である。
インパクトが無ければコンテストには使わない方がいい。
また、流行モノは誤法度である。まれに2、3組同じ曲が続く事があるが、あれは萎える。
別にジャッジとか抜きにして、スクールの発表会やCLUBのショータイムとか観ててそれはいつも思っている。
やる気を疑ってしまうのだ。

流行ってるからとりあえず使ってみました、ってのはダサい。
昔、ルパン3世のリミックスが出た時、色んなスクールの先生たちが発表会の振付で軒並み使ってて愕然とした事がある。
この人たちはこれでいいとでも思っているんだろうか?と。
オリジナリティとか無いんだろうなぁ、と。呆れて笑うしか無かった。
もっと音楽にこだわりを持て、と言いたい。
逆に使い古された曲も効果的に使えば印象に残るし。
かつて観た中で印象的だったのは、LOCKIN'のダンサーで使わなかった人はいなかったと言われるほどの名曲中の名曲、JB『SEX MACHINE』のイントロをひたすらループしてるチームがいた。
聞き慣れた曲だけに
「いつ歌が始まるんだよ!?」
という軽い突っ込みを心の中で入れながら、すげーワクワクしながら観た覚えがある(実際、上手くて面白いチームだった)。


一番いいのはやっぱり自作なんだろうな。
一昨年の春、O.S.S.F.(沖縄ストリートスタイルフェスティバル) に行った時、7DOWN8UPPERのショーを観てそう思った。
てつお時代からシンジくんはマジで凄いと思っていたが、チームの音源を自作し、更にチームカラーを出す事に成功していると思った。

また、友人のkenta、DAI5のチーム、Develop Makerもkentaがトラックメイクしていて、自作の曲でショーに出ている。


自分たちの世界観を構築したダンスチームは唯一無二の存在となる。そういったチームのメンバー一人一人もまた、物凄く面白い踊りを踊る。



オーディションは受かっても落ちても得るものがある。
今の自分を客観的に観れるし、クライアント側がどういうダンサーを求めているのかが分かるから。

バックダンサーに必要なのはぶっちゃけ、振り覚えの速さと正確な再現力である。
ある程度ダンスの練習をしてきた人にはチャンスがあるのだ。
そこに加わる修正がクライアントの求めるダンサー像である。
「若い人がいい」
「女の子がいい」
「爽やかな感じがいい」
「JAZZが踊れた方がいい」
「HIPHOPが踊れた方がいい」
「背が高い人がいい」
「容姿がいい人がいい」
etc...
実は裏で色んな条件が出されている。
それをクリアしてなければ、どんなに上手くても落ちる時は落ちる。

しかし、自分が落ちても受かった人を見て、
「ああ、今回自分に足りなかったのはこれか」
と知る事も勉強になる。

いくら落ちても腕を磨いて受け続けなきゃ受からない。
落ち込んでる暇なんか無いんだから。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド