スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人ごとじゃないんだよ。

凶悪事件が起きると、犯人の趣味嗜好や生い立ちなどを挙げて、「こうした傾向にある人間が犯罪者予備軍である」とでも言うかの如く、マスメディアは仮想敵を設定したがる。
自分とは違う、変質者の起こした事件だから関係無いんだ、と偽りの安心感を得ようとしているとしか思えない。
自分には理解不可能だから、人であって人ならざるモノの所業であるかのように語る事で、自分や社会と切り離し、「アッチ側の人間がやらかしたのだ」と現実逃避をしたいのだろうが、残念ながら惨劇の被害者も加害者も我々と同じ現実世界の住人であり、その延長線上に我々は存在している。
理解出来ないものに、かりそめの正体を与えて語ろうという姿勢は、まるで天災の原因が分からず、妖怪の仕業にした昔の人のようである。

また、その「アッチ側の住人である論拠」というものが、非常に稚拙かつ、差別意識にまみれたものである事を意識せねばならない。
例えば、一昨日起きた秋葉原の通り魔事件の犯人が、中学生の頃にゲームのキャラクターの絵を描いていた話や、線路に人を突き落として殺した犯人の家に『DEATH NOTE』や『ひぐらしの鳴く頃に』といった作品があった、という報道は「漫画やアニメ、ゲームといったものの愛好家、すなわちオタクは気持ち悪く、何を考えてるかわからない。アイツらならば、犯罪を犯してもおかしくないし、アイツらのせいにしたところで嫌な思いをする人はいない」という、オタク差別意識がガンガン伝わってくる。

昭和50年に生まれてから、33年間生きてきた俺から言わせて貰えば、現代の若者のうち、漫画やアニメ、ゲームの影響を受けていない人間を探す方が難しい。
もし、漫画やアニメ、ゲームといったものの愛好家が犯罪者予備軍だというのであれば、大半の若者がアブナイ奴だと言ってるようなもんである。
つまり、犯罪者がいかなる漫画やアニメ、ゲームを持っていようが、それを犯罪を犯した理由に直結させるような報道姿勢が間違っている事は明白である。
マスメディアは、不当に犯罪者が所持している漫画やアニメ、ゲームを取り上げて報道し過ぎている。

マスコミがテレビ対ネット、紙媒体対ネット、テレビ対ゲームって構図で括りたがるのは、ロクなコンテンツ作れない言い訳だと思う。
我々の世代辺りから若い連中は、テレビよりもネットを選ぶ世代だから、焦りを感じてるんだろう。
「CDの売り上げが落ちたのは、若者が携帯電話代に注ぎ込むからだ」なんてトンデモな事言うのと同じでさ。
売れるモン作れば売れて、売れないモン作れば売れないし、多様化してる今、昔みたいな大ヒットってのはまず有り得ないんだから、夢見てないで面白いモン作れよ、と言いたい。
努力せずに新興勢力叩いて足引っ張ろうってどんだけだよwと思ってしまう。
それより優れたモン提示出来てないだけなんちゃうん?ていう。



むしろ、漫画やアニメ、ゲームよりもマスメディアの報道の方が、事件の発生を促しているケースも多い。
練炭自殺や硫化水素自殺というのは、マスメディアの報道後に加速度的に急増したし、歳の近い青少年が犯罪を犯すと、便乗して自分も犯罪を犯してしまった少年も珍しくない。
報道には、自殺したがってる人たちに「そうか、その手があったか」とヒントを与えてしまったり、「俺も(犯罪)やっちゃおっかなー」と思わせている側面があるのだ。
しかし、マスメディアは自分たちの与えている影響は棚に上げて、漫画やアニメ、ゲームのファン、オタクを差別し、叩く事で、如何にもそうした人たちが犯罪者予備軍であるかのような印象操作を行っているのである。

必要なのは、思考停止して「アイツらが犯罪者予備軍だ、自分とは関係無いんだ」と切り離して考え、偽物の安心を得る事では無く、「何故、犯罪に走ってしまったのか。どうしたら第二、第三の悲劇を事前に防げるのか」を考え、実行に移す事だ。

実際の問題は、「他者不在」って事なんだと思う。後は「甘え」の心理。
自分も相当甘えてる性格してるから、かなり棚に上げてるけどw


心の中に自分を客観的に見つめ、共感・反論してくれる他者が存在していないと、「自分だけが正しい」と思い込む。
周囲を自分を正しいと認めてくれるイエスマンだけで固めて、悦に入る。
異論・反論に対しては「攻撃された!」と感じ、猛烈な勢いで反撃に出る。そこには論理などなく、相手を屈服させる事しか念頭になくなってしまう。
それを指摘されても、反省しないので成長しない。
他人という存在が心の中にいないから、他人の心に鈍感で、簡単に傷つけ、自分に対しては異常に寛容である。

こうした性質の人をたくさん見てきたけど、こうした性格の人っていうのは、他人との接点が極端に少ない、もしくは心を閉ざしている事が殆どだ。

昔、主婦がマスコミに対して抗議の電話をかけたり、クレーマーやモンスターペアレンツ、最近ではブログの炎上が取り沙汰されてるけど、こうした行動に走るのは、「自分は絶対的な正義だ」という勘違いや、「悪と自分が見做した相手は、容赦無く叩けるサンドバッグだ」という思い込みからだと思っている。マスコミにもこうした性質はある。
「誰かがやってるんだから、自分だってそこに参加してもいいじゃん」という甘えの心理も働いてるだろうし、日本全体の歪みの根底には「建前上はダメな事でもバレなきゃしてもいい」風潮があると思う。

しかし、容易に他人に注意すらしにくい世の中になってしまった。
こうした人達は、注意したら逆切れを起こすからだ。下手したら殺されるかもしれない。

許すべき事と、許してはいけない事を間違え続けてきてしまっているんじゃなかろうか?

犯罪者だって俺らと同じ現実世界の人間だ。
全然他人ごとなんかじゃない。
やさしい人 どんな心の持ち主かやさしい人 どんな心の持ち主か
(2004/12/23)
加藤 諦三

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

あなたですよ、自分のまわりしかみえてないのは。
ゲームにもアニメにも影響されていない人、あなたの
想像以上に驚くほどあなたを押しつぶすほど普通に
居ます。
あなたですよ、マスコミにドップリつかってマスコミ
批判して、自分の頭で考えた気になってるのは!
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。