【ダンスFAQ】振り付けの作り方。

※ 某掲示板でのやりとりのうち、自分の返答を加筆修正して掲載してます。ご了承下さい。





オイラは「あっ、この曲ッ!!!!!」って思うくらい、インスピレーションが沸く音をまず探します。
そしてその音楽を聴き込み、カウント表を作成します。

まずは大まかに

 イントロ
 Aメロ
 Bメロ
 サビ
 Aメロ
 Bメロ
 サビ
 間奏
 Bメロ
 サビ
 サビ
 アウトロ

…みたいな感じで曲の構成を書き出します。
そこに数えたカウントを書いていきます。

 イントロ 8×8
 Aメロ 4×8
 Bメロ 4×8
 サビ 8×8
 Aメロ 4×8
 Bメロ 4×8
 サビ 8×8
 間奏 8×8
 Bメロ 4×8
 サビ 4×8
 サビ 8×8
 アウトロ 16×8

「~×8」というのは、「~エイトカウント」という意味です。

次にインスピレーションから感じた事を書き出します。


 イントロ 8×8 4×8くらいから歩いて入ってくる
 Aメロ 4×8 ○○と△△が踊る
 Bメロ 4×8 □□と◆◆が踊る
 サビ 8×8 ユニゾン
 Aメロ 4×8 △△と□□が踊る
 Bメロ 4×8 ○○と◆◆が踊る
 サビ 8×8 ユニゾン
 間奏 8×8 2×8ずつソロ
 Bメロ 4×8
 サビ 4×8 激しい感じのユニゾン
 サビ 8×8 〃
 アウトロ 16×8 徐々にハケていく感じ

イメージが固まらない部分に関してはとりあえず保留にしておきます。
強いイメージの部分から振り付けを作っていきますが、始めはあまり難しすぎず、みんなが揃って動けるものを目指した方がいいと思います。
最初は結構リキんじゃって目いっぱい詰めたキツキツの振り付けを作ってしまいがちですが、揃えて見せる、余裕を持って踊れて実力が発揮出来る振り付けを目指すといいかもしれません(実際にはクリアしたい課題を入れておくとレベルアップに繋がります)。





フォーメーションは、まずカウント表で大まかな感じを掴んだら、誰がどの部分を振り付けするかをジャンケンなんかで決めたりして、それぞれが振りを作っていきます(一人で全部作る場合もあります。また、複数の音楽を使ってる場合、その曲ごとに持ってきた人が振り付けを考えます)。
そしたら構成に合わせて立ち位置を考えていきます。
屋外やスタジオの場合は小銭を使って考えますが、家にいる場合はペプシのボトルキャップとかでフォーメーションを考えます。

例えばAという振りとBという振りで無茶な立ち位置にならないように考えていきます(移動なんかも客観的に目で見えるので、モノを使うと便利です)。





振り付けのコツとしては、「ドン!」とか「シュー」とか「タタン」といった音に合った動きを先に作っちゃうと楽しくなってきます。
ジャンルにもよるかも知れませんが、わざとらしいくらい音に合わせて考えると

「ああ、振り付け作ってるなぁ」

という感じでノってきますw
後は歌いながら振り付けを考えると更に入り込めると思います。
ハッキリ歌詞を歌わなくても

「たーらったたーん ふんふんふふーん」

みたいな感じの歌を歌いながら作るとリズムやメロディーの雰囲気が理解しやすくなります。
振り付けに困ったときは歌ってみて下さい。





オイラはこんな感じで振り付けを考えてます。
【ダンスFAQ】続・振り付けの作り方。へつづく。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

comment

Secret

>>ともらいさん

お役に立てて光栄です☆
(´∀`)ノ


参考になりました!!
ありがとうございます(^_^)/
プロフィール

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド