【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾参

出会いと別れの酒場「ルイーダの店」とは、如何なる施設なのであろうか?

ドラクエ3以降、パーティのメンバーの入れ替えを行う為に、「ルイーダの店」を利用する事がある。
ゲーム中では、プレイヤーが登録したキャラクター、もしくは冒険中に知り合った仲間のうち、人間のキャラクターを預ける施設である。

さて、「ルイーダの店」を語る前に、「冒険者」の存在について明確にしておく必要がある。
大半のファンタジー作品では、十代そこそこの「子供」が主人公だったりする。
まぁ、ファンタジー小説の王道たるJ.R.R.トールキン『ホビットの冒険』に目を向けてみると、実はオッサンや爺さんばかり出てくる訳で、それはそれでリアルか?という疑問を残すが、やはり若者ばかり出てくる話を見てると「どうなの?」という疑問が湧く事と思う。

さて、ドラクエに話を戻そう。
ドラクエ3の勇者は16歳の誕生日に旅に出た。
しかし、16歳が子供である、という認識は現代人の感覚であり、中世ヨーロッパ的な世界観であるファンタジー世界においての成人年齢と考えれば、十代で冒険に出るのは、何ら不思議な事では無いのである。
我が国でも元服は12~16歳(江戸時代は18~20歳)だったので、16歳で成人、というのは妥当だ。
現代の日本でも未成年は法律的な保護があるが、成人したら一人前として扱われる。未成年が一人旅するのを容認しない社会も、成人ならば個人の勝手となる。
つまり、ドラクエ3の主人公が16歳の誕生日に王様に許可を得て旅立った、というのは、あの世界において16歳ならば世間的に見て大人だという事では無いだろうか?

こうして考えて見ると、実は十代後半の冒険者というのは、そこそこヴェテランという事になる。
二十代なら中堅どころ、三十代ならば神様だ。
何故ならば、魔物と戦って暮らすという、いつ死んでもおかしくない戦場のような日々を過ごしている彼らにとって、それだけ腕が立って無ければ生き延びる事自体が不可能だからだ。
過半数が十代のうちに死亡するか、不具になって引退する。その中の生き残りなのだから、エリートなのである。

では、どのような人物が、冒険者となり得るのだろうか?
中世ヨーロッパでは、大半の人間が農民をしており、若者は大切な労働力である。つまり、一般的な家庭の子供ならば、親に
「何、馬鹿ぬかしとるだ!?」
と張り倒されるだろう。

しかし、明日をも知れぬ貧しい農村で、労働力どころか食い扶持を減らさなければ、一家が野垂れ死ぬから、口減らしに子供を冒険者にさせる親もいるだろうし、天涯孤独の身で体力か知恵だけはあるような子が一人前に成長したから冒険者に志願する、というのもあるだろう。
商人や下級貴族の次男や三男で、長男は店や城を継ぐからお前は自由にしろ、と体よく放逐される者もあれば、家族を助ける為に自ら冒険者として生きる道を選ぶ者もあろう。
また、神の啓示を受けて僧侶として目覚めた者もいるかも知れない。
つまり、冒険者という人種は一種のアウトローであり、今までの人生から全く別の人生を歩まざるを得なかった者たちである。

無論、一般人から見れば得体の知れない連中だ。
出来れば関わりたくないし、問題を起こしてくれるな、と祈るばかりだろう。腫れ物に触れるような扱いを受け続けていく中で、世を拗ねる者たちもいるだろう。
何せ思春期くらいの年である。多感な年頃の若者たちが、自分で選んだならまだしも、冒険者という生き方を選ばざるを得なかった者たちはグレてしまったりもするだろう。
まぁ、こうした連中は山賊や野盗などの類に身を落とし、むしろカンダタやカンダタ子分のように討伐される対象になるかも知れない。

冒険者たちは一般人にとって厄介な事に、力を持っている。魔物と対等以上に渡り合う体力、敏捷性があり、常人には扱えぬ魔法の力を持っているのだ。
社会的脅威となり得る能力を有した若者たちは、疎んじられるのが当たり前な日々を送っているのである。
救国の英雄候補か、逆賊の集団か。どちらになるかは彼ら次第なのである。
こうした連中を保護しよう、という元冒険者たちが、駆け込み寺よろしく「冒険者の店」なる施設を作ったとしておかしくない。いや、むしろ必然である。
国としても、冒険者を合法化する事により、牙を抜いて飼い慣らし、有能な者は取り立てて軍隊に組み込めば一石二鳥である。
こうして、国営、もしくは国がバックアップする個人経営の「冒険者の店」が登場する事になる。
ルイーダの店は、こうした冒険者の店の一つなのだろう。

まずは登録をさせる代わりに、身元を保証してやる。ただし、問題を起こした場合は登録を抹消し、店の冒険者たちを差し向ける、という事で規律を設ける。細かい縛りは無いが、問題行動を起こした輩は粛正する事で、治安を守るクリーンなイメージを守る。
こうする事で、冒険者たちは得体の知れない烏合の衆から、政府公認の冒険者という身分を得られるのである。
今までは根無し草のような生き方しか出来なかった冒険者たちも、
「ルイーダの店に登録している冒険者の人なら安心だ」
と、一般人に受け入れられるようになっていくのである。

********************************************************

【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の壱
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の弐
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の参
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の四
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の五
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の六
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の七
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の八
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の九
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾壱
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾弐
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾参
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾四
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾伍
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾六
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾七

異人歓待の歴史―中世ヨーロッパにおける客人厚遇、居酒屋そして宿屋異人歓待の歴史―中世ヨーロッパにおける客人厚遇、居酒屋そして宿屋
(1997/06)
H.C.パイヤー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド