スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌

そういや、最近まともに雑誌を買わなくなった。
昔は毎号毎号律儀に買ってたが、年と共に買わなくなった。
せいぜい、気になる記事がある時くらい。

小学生の頃は、桜玉吉「しあわせのかたち」目当てに『ファミコン通信』(後に『ファミ通』に)を購読してた。たまに『LOGIN』
友人や従兄弟に『コロコロコミック』『コミックボンボン』を借りたり、何故か母方の実家に行くと『週刊少年ジャンプ』『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』が揃ってたので、漫画雑誌は自分では買わなかった。
漫画は、藤子・F・不二雄「ドラえもん」、池田淳一「ゼロヨンQ太」、水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」、やまと虹一「プラモ狂四郎」、新沢基栄「ハイスクール!奇面組」、鳥山明「ドラゴンボール」、高橋留美子「うる星やつら」、ゆうきまさみ「究極超人あ~る」辺りを好んで読んでいた。

中学生の頃は、『月刊ドラゴンマガジン』『月刊コンプティーク』『月刊コミックコンプ』『アニパロコミックス』を愛読。ヲタ街道まっしぐら。
漫画は、萩原一至「BASTERD!! 暗黒の破壊神」、ゆうきまさみ「機動警察パトレイバー」、高橋留美子「らんま1/2」、出渕裕「機神幻想ルーンマスカー」、麻宮騎亜「SILENT MÖBIUS」、石垣ゆうき「MMR マガジンミステリー調査班」にツッコミを入れながら喜んで読んでた(年下の従兄弟は「MMR」にマジでびびってて、ノストラダムスの大予言を信じていた。フフフ可愛いヤツめ)。

高校1年生の頃は、『PATi-PATi』辺りのバンド雑誌、高校2年以降は姉の影響で、サーフ雑誌の『Fine』を購読。
漫画は『ビッグコミックスピリッツ』派。たまに『ビッグコミックオリジナル』、『週刊モーニング』。
窪之内英策「ツルモク独身寮」とか、ほりのぶゆきの「江戸むらさき特急」や、吉田戦車「伝染るんです。」、中川いさみ「クマのプー太郎」、黒鉄ヒロシ「赤兵衛」、小島功「ヒゲとボイン」、わたせせいぞう「ハートカクテル」、榎本俊二「GOLDEN LUCKY」辺りを好んでいた。
たまに『ホットドッグ・プレス』に載っていた北方謙三「試みの地平線」を楽しみに読んでいた。

高校を卒業してからも、『Fine』と『ビッグコミックスピリッツ』はしばらく読んでた。

たまたま郵便局でバイトをしてたら、『週刊少年サンデー』で、ながいけん「神聖モテモテ王国」が連載していたので、一時的にサンデー派になったりもした。

たまに『月刊ダンススタイル』『月刊DDD(ダンスダンスダンス)』『月刊ロール & ロール』辺りを購読している。
『ロール & ロール』では、イラストレーターに旧知の人物の名を発見、共通の友人に尋ねたところ本人だったので大変驚いた。
高校時代から絵がベラボーに上手かったので、納得。絵のタッチが変わってたので気がつかなかった。

最近は『オレンジページ』『dancyu』などの料理雑誌がお気に入り。

老人になったら、『壮快』を是非、読みたいと思っている。廃刊になりませんように。
スポンサーサイト

comment

Secret

こんばんは。
某SNSでお見かけしてから、いつも楽しく読ませて頂いています。

廃刊しないでほしい、と思えるような本があるのは喜ばしいことですねえ。

漫画といえば、先日、書店のレジに「防衛漫玉日記」と「苺ましまろ」の単行本を一緒に持っていったところ、店員さんに「渋いですね」と話しかけられました。
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。