【ダンスFAQ】何故、覚えられないのか?本番で失敗するのか?

「練習だと上手くいくのに、本番になると上手くいかない」、「レッスンは自分の好きな場所で受けないと(内容を)覚えられない」、「みんなで踊ってるなら大丈夫だけど、一人で踊る事になったら緊張してしまう」などなど、ダンスをやっていると悩みは色々出てくるが、特に不安な気持ちで練習していると、なかなか動きが身体に入ってこない。
ダンスについて不安を感じていると、「次の動きはこれで良かったのかな?」と迷ってしまう。そうすると、更に不安になる。

ステップや振り付けがなかなか覚えられない要因に、「動きが小さい」というものがある。
動きが小さいと、何故ステップや振り付けが覚えられないのか?
小さい動きならば、次の動きへの動線が小さくて済む。その為、音楽(リズム)に合わせて動きやすいという利点がある。
しかし、この利点は両刃の剣で、まだしっかり動きが身体に入っていない状態でもとりあえず、「動けた気になってしまう」のである。
武芸の達人は、反射的に身体が反応すると言うが、ダンサーも音楽が鳴ったら反射的に身体が反応するように、癖になるまで踊り込む必要がある。
「次は右足、次は左足」なんて考えながら踊っていたら、頭が混乱してしまうのは当たり前だ(なんせ情報量が多過ぎる)。
肉体に癖になるまで叩き込む事によって、その動きは自分のものになっていく。
また、覚える時は「ゆっくりと大きめに動く」ようにすると、より正確に覚えやすくなる。早い動きの場合は、徐々に早く動く練習をしていけばよい。
早く動けるものをゆっくり動くと、意外な身体の使い方をしている事に気付く。
ジブリアニメの動きが面白いのは、ハイスピードカメラによる撮影をした映像をゆっくり再生したような、誇張した演出が入っているからだが、色んな動きをゆっくりにしてみると、物凄く面白い。
ダンサーは、ダンスに限らず色んなビデオをゆっくり再生したり、コマ送り再生したりして観る癖をつけるとよい。
思わぬ動きが発見出来たりして、非常に勉強になる。

話を戻す。

また、振り付けが覚えられない、本番になると間違えてしまう、一人で踊れない要因に「いつも似たような環境で踊っている」から、というのが挙げられる。
例えば、ダンスを練習する時は鏡やガラスに姿を映したり、壁の近くで踊ったりする事が多いと思う。
室内外を問わず、「姿を確認する事で動きを揃える」目的で鏡やガラスを使うダンサーは多い。また、屋外では、他人の邪魔にならないように「壁際で踊る」癖がある人も多いと思う。
ダンスレッスンを受けている人の中には、毎回似たような場所、「マイポジション」でクラスを受講する人が多い。マイポジションで習った方が覚えが早い、逆にいつもと違う場所で習うと気持ち悪い、と感じる事がある。
しかし、この気持ち悪さはどこからきているのか?
それは、いつも似たような環境で練習しているから、いつもと違う状況になった違和感を感じている事による。

「鏡やガラスに姿を映す」、「壁を認識しながら踊る」、「自分の踊りやすい位置で踊る」、「誰かが自分の前で踊っている」といった、いつも似たような環境で踊っていると、いざそれが違う環境で踊る事になった際に、不安要素になるのである。

では、それはどう克服すればよいのか?
答えは一つ。「色んな環境で踊る事」だ。
例えば、普段踊っているのが屋内ならば、屋外で練習する。そうすると、天井が無い、壁が無い環境で踊る事になる。また、通行人がいる場合は、「ダンサー以外の赤の他人に踊っている姿を見られる」という事も体験出来る。
逆もまた然り。天井を感じられたり、壁に囲まれている状況は、いつもと違う感覚を与えてくれる。

普段、同じ位置でクラスを受けている人は、前後左右を入れ替えて踊ったり、クラスが終わった後にでも、友達と向かい合わせで踊る(同じ振り付けでも、鏡と違って左右が入れ替わるので、動きをつられないようにする事)とか、鏡では無く壁に向かって踊る、といった感じで、いつもと違う練習をすると、段々と異なる環境下で踊る事に慣れ、度胸がついてくる。自信と言い換えてもいい。
「ここはこの動きで合ってるのかな?」という不安があると、いつもと同じ環境なら踊れても、いつもと違う環境だと動きが抜けてしまったりする。自分の前に人がいたり、鏡が見れれば踊れるけど、自分が一番前になったり、鏡が無かったり、一人で踊る事になった時に踊れなくなるのは、不安を感じているからである。
「間違えたらどうしよう?」と萎縮してしまえば、いつもなら出来る事も出来なくなってしまう。
逆に、力んでいても自分の納得いくパフォーマンスは発揮できない。筋肉が緊張で固くなり、動きの柔軟性を損なってしまうのである。
むしろ、気楽に構えている時の方がいい動きをしてたりする。

緊張を解くリラックスの方法としては、やはり「深呼吸」をするのがいいだろう。
鼻から吸って口からゆっくり息を吐くと共に、無駄な力が抜けていく。これを繰り返していくと、次第に気持ちも落ち着いてくる。
もっとも、どうしても個人差があるので、自分なりのリラックス方法を幾つか見つけておくとよいだろう。

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド