【RPG】ドラゴンクエストの謎。番外編2

ドラゴンクエストII 悪霊の神々を語る際、よく出てくる話題に
「これから世界を救いに行く一国の王子に、銅の剣一振りとわずか50ゴールドという餞別は、あまりも少な過ぎるのではないか?」
というものがある。

確かに、せめてこの大陸で手に入る最強の装備くらいはくれてもいいと思う。
一国の王子様なんだし。

では、一体何故、ローレシア王やサマルトリア王はロクな装備を餞別として渡さなかったのだろうか?


まず、ローレシアとサマルトリアという国の環境を考えてみる。

ローレシアの城で購入出来るアイテムは、薬草、毒消し草、革の盾である。
武器や鎧の販売は、そもそもされていない。

ローレシアとサマルトリアの中間地点に存在するリリザの町では、棍棒、銅の剣、聖なるナイフ、鎖鎌、鎖帷子、革の盾が購入出来る。
急に種類が豊富になる。

サマルトリアの城では、銅の剣、聖なるナイフ、鎖鎌、鎖帷子、革の盾が購入出来る。

つまり、この大陸で手に入る最強の武器は鎖鎌、最強の鎧は鎖帷子、最強の盾は革の盾である。

仮にこの国では鋼の精製技術がまだ確立されていないのであれば、鉄が一番強い金属になるのだろう。

ちなみに、全て揃えるのにかかる金額は810ゴールド也。


周辺に出没するモンスターはローレシアの城周辺でスライム、大ナメクジ、アイアンアント。
リリザの町~サマルトリアの城周辺ではドラキー、山鼠、ホイミスライム、幽霊、バブルスライムである。
ローレシアの城の周辺には確かに雑魚中の雑魚しかいないのだが、サマルトリアの城周辺には攻撃力の高い山鼠や幽霊や毒の攻撃を仕掛けてくるバブルスライムといった危険なモンスターが出没する。
低レベルの状態では命を失いかねないのである。

平和ボケしたローレシア王が、銅の剣に革の鎧という装備で充分と考えるのはわからなくもないが、周辺に危険なモンスターが出没するサマルトリアの王が、王子に持たせた装備が棍棒と革の鎧というのは、かなり酷い話である。

もっとも、サマルトリアの王子は彼の妹曰く「お兄ちゃんね、割と呑気者なの」と言わしめる程の男なので、大した装備も持たずにローレシアの王子と合流しようとしたのかも知れない。
王様ばかりを責める事は出来ない。

つまり、ローレシアの王子の装備が貧弱なのは、周辺に出没するモンスターが雑魚ばかりだったので、危機意識が低かった為、サマルトリアの王子の装備が貧弱なのは、王子自身が呑気者だった為ではないだろうか。

また、勇者ロトの子孫なので、戦ううちに強くなっていくだろうし、欲しいものがあれば現地調達せよ、という帝王学ならぬ勇者学があるのかも知れない。

想像以上に彼らは王子様然とした人物ではないのかも知れない。

********************************************************

【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の壱
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の弐
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の参
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の四
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の五
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の六
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の七
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の八
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の九
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾壱
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾弐
【RPG】ドラゴンクエストの謎。其の拾参
【RPG】ドラゴンクエストの謎。その拾四
【RPG】ドラゴンクエストの謎。番外編
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド