【ダンス】特定の音だけ聴く練習

人間の感覚というのは本人が自覚しているよりも曖昧だし、とても高性能だ。
例えばいくら探しても見つからなかったものが、さっき探した場所から出てくる事がある。
ちょっとオカルトかぶれの人は霊の悪戯だとか、北欧でも「トロルが隠してた」とか言うが、実際は物はずっとそこにあったんだけど、見えてなかった、という理屈である。
そんな馬鹿な、と思うかも知れないが、人間の感覚なんてそのくらいルーズで、眼が脳に伝えてないんだか、脳が認識してないんだか、見えない事ってのは実際よくある話なのである。もちろん、眼以外にも耳とか鼻とかもそうである。
また、逆に凄ぇ高性能なのは、耳が特に顕著なんだけど、聴きたい音だけ拾って聴ける。
街中で録音した音をその場で再生すると雑音が凄くてビックリするはずだ。
同じ場所にいながらにして無意識に不要な音をシャットアウトし、情報量を減らし、処理しやすくしてるのである。
例えば電車のアナウンスはわざと変な喋り方をしている。
「えぇー、次はぁー、いいーだばっすぃー、いいーだばっすぃー、JR線、都営大江戸線、南北線、有楽町線ご利用の方はぁ、お乗り換えでぇすー」
こんな奇妙なアナウンスはわざとなんである。
何故なら混雑した車内でも、違和感を感じる日本語が聞こえてくると、思わず耳が拾うからだ。
本当は実に様々な音が鳴っているにも関わらず、我々の耳が拾わない音もあるのである。
次の駅や乗り換えなど、乗客にとって必要な情報を確実に伝達する為に、わざと変なイントネーションで発音しているのだ(最近は録音した女性の声の場合もあり、若干寂しい)。



さて、前置きが長くなってしまったが、音楽好きな人や楽器演奏経験者以外は音楽を聴く時に楽器のパートだけを抜き出して聴いたりしていないと思う。
例えば一般的な4人編成のロックバンドはヴォーカル、ギター、ベース、ドラムという内容だ。
ヴォーカルだけ、とかギターだけを拾って聴く事はしているだろうが、ベースだけを拾って聴く、という事をしている人は実に少ないと思う。
それは日本の音楽業界事情による。
ハウスにしろ、ヒップホップにしろR&Bにしろ、欧米の音楽は重低音を効かせるミックスをするが、日本ではまずヴォーカルありき、なのである。
これは歌謡曲の文化が根強い為、日本人の好みとして重低音、特にヴォーカルを強く、ベースを低く設定したミックスをしてしまうからだ。

ジャズやファンク、ソウルなどの黒人音楽を聴くと、まずベースありきと言っても過言では無いくらい、ベースが活き活きしている。
このスイングしたり跳ねたり、うねったりする骨太のベースを知ってしまうと、黒人音楽の影響を受けていない白人や日本人の音楽が中身スカスカの薄っぺらなものに聴こえてしまうくらい、自分の中で音楽的革命が起こってしまう。
単調なベースばかり聴くとベース音痴になってしまうのだ。


特定の音だけ意識して聴くようにして、その音にハメて踊ってみると、いわゆるカウント踊りじゃなくなってくる。
また、振り付けをする際に音に合った振り付けをしよう、と思うようになってくる。
リズムばかり追いかけているとカウント踊りになりやすい。
メロディーラインや楽器の音を拾って踊るのも楽しい。
にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド