【ダンス】ストリートダンスを踊るのに、バレエは必要か、否か。

よく、
「昔、ジャズダンスバレエから始めたんです」
と言うと、
「基礎からしっかりやってるんですね」
と言われる。


また、ストリートダンスサイトの掲示板上でも、
「ダンスの基礎はジャズダンスとバレエ」
という発言をよく見かける。


日本では、『ジャズダンスとバレエはダンスの基本』という概念は常識に近いのだと感じる。
しかし、果たしてそうなのだろうか?




広義の意味でのジャズダンス(狭義では「バレエの基礎が混ざった後のジャズダンス」、即ち、今現在踊られているジャズダンスの事を指し、広義では「バレエの基礎が混ざる以前のジャズダンス」も含む、と定義したい)は、ストリートダンスとも関係がある。
むしろ、1920年以降にアメリカで生まれた殆どの立ち踊りは、広義の意味のジャズダンスとソウルダンスから強い影響を受けていると言える(ブレイキンのトップロックやアップロックは除く)。広義の意味においてのみ、「ジャズダンス」は基礎的なダンス、とも言える。しかし、「ダンスの基礎はジャズダンスとバレエ」という発言では、バレエが混ざった後のジャズダンスを指している。ここでは敢えて混乱を防ぐ意味でも、「ストリートダンスを踊るのに、バレエは必要か、否か」とした。




ブレイキンを踊る際、バレエの要素は微塵も無い。
ロッキン然り、ポッピン然り、ミドルスクール然り、である。
ストリートダンスを踊るのに、バレエが必要不可欠だ、とは思えない。




フリースタイルであるニュースクール、即ち、今現在のヒップホップハウスは、様々なダンスジャンルの影響を受けており、例えばパドブレやターンなど、バレエの影響を見つける事は可能であるが、かなり変容しており、逆に現在のジャズダンスやバレエの癖が残っていると気持ち悪い踊り方になる。


オイラもジャズダンスとバレエからストリートダンスに転向する際、それで苦労した。


きっちり踊り分けが出来るなら手を出してもいいが、踊り分けが出来ないのなら、」どっちつかずになり、どちらの技術も伸びない。




ただ、プロダンサーになろうという人は、齧っておいて損は無い。


ダンサーの仕事は自分が踊るだけに非ず。
振り付けという仕事は、「~らしさ」を具体化する作業である。
「アイドルっぽい感じ」や「サンバっぽい感じ」、「バレエっぽい感じ」、「宇宙っぽい感じ」、「今っぽい感じ」など、抽象的な依頼内容を表現出来なければならない。
動きやイメージの引き出しが多ければ多いほど、対処しやすい。
また、流行ったCMや振り付け(マツケンサンバや武富士など)、映画など様々なものに興味を持ち、何でもヒントにする力が必要になる。


また、もし自分がコンテストの審査員になったとして、自分がよく知らないジャンルのチームを評価しなければならなくなったとしたら?
プロならば知らないという言い訳は通用しない。最低限の知識は学んでおくべきだろう。


そんな訳で、ストリートダンスを踊るのには不必要だけど、やっとくと便利なものだと思う。
マツケンサンバII振り付け完全マニュアルDVDマツケンサンバII振り付け完全マニュアルDVD
(2004/12/15)
松平健

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド