妖怪のはなし

NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の人気も相まってか、鬼太郎展や妖怪系のイベントが多いようだ。
まぁ、昔から水木しげる先生(以下、「御大」)は夏場に妖怪イベントを各地でされてたそうだし、季節のものと言えばそうなんだけれど。

妖怪と言えば、河童だとか油すまし、小豆洗いに児啼爺、塗壁、ぬらりひょんといった顔ぶれが頭に浮かぶが、こうしたモノを「妖怪」と呼ぶようになったのは、割と最近の話で、そもそもは怪異の事全般を「妖怪」と呼んでたんだって。

例えば、引き出しに入れておいたはずのハサミを探しているのに見つからない。引き出しの中は何遍も見た。
ハサミが無いと夏休みの工作が終わらない!
最終兵器としてお母さんを呼ぶ。
「あんた、ちゃんと探したの?」
引き出しを開けたお母さんの手には、探していたはずのハサミが。
昔は、この「カバンの中も 机の中も 探したけれど見つからないのに お母さんが探すと一発で出てくる」不思議な現象そのものを「妖怪」と呼んでいたんだけど、近代では「妖怪 ハサミ隠し(適当かつ安易なネーミングだと自分でも思う)」の仕業だ!という事になる。みたいな。
科学的には、脳が認識していなければ、たとえそこにずっとあっても気付かない現象なんだけど、昔の人はそんな事知らないから「不思議だなぁ」という事になり、不思議な物事を妖怪と考えたのだろう。みたいな感じ。

御大の『妖怪なんでも入門』や『妖怪大百科』をバイブルとし、熟読していた世代には当たり前の事だけど、「雷は電気妖怪の仕業」だし、「天井のシミは天井舐めの仕業」、「朝起きると枕がとんでもない場所にあるのは枕返しの仕業」って最後のはお前の寝相の悪さを妖怪のせいにするんじゃない!とツッコミを入れたくなるけど、森羅万象全てに妖怪がいる、というのは、やはり八百万の神を髣髴とさせ、「妖怪とは神々の零落した姿」である、という柳田國男の説を採用したくなる。

でも、こっからが本題なんだけど、実際は昔ながらの妖怪の数って大して無かったんだって。
浮世絵師の鳥山石燕らが描いた妖怪画が有名で、御大もこうした妖怪画を元に(中にはまんまのモノも)、妖怪画を描いてるんだけど、中には中国などから「輸入」した妖怪も大量に混ざっているという。
更に江戸時代に妖怪をデッチ上げるのが流行ったらしく、物凄い数の妖怪が勝手に作られたのが、今では「凄え、妖怪って日本にこんなにいたんだ!」となってしまっていると。
いわば、妖怪の水増しである。
確かに妖怪「寝肥(ねぶとり)」なんて、ただの「ふくよかな人」だもんな。
ギャグで作ったとしか思えない。

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド