スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書籍】ロードス島戦記

D&D紹介記事として世に出た『ロードス島戦記』だったが、元は作者の水野良氏が学生時代から暖めてきた世界で、漫画や小説の形で書き溜めていたそうだ。
その世界を舞台にTRPGを遊ぶようになり、ゲームのルールによって、よりリアリティのある設定が生まれていった。

J.R.R.トールキンは元々言語学者で、オックスフォード大学の教授だが、『指輪物語』を書くにあたり、世界を構築する事から始めたという。
中つ国(Middle Earth)の成り立ちや、各種族や地方毎の言語などを作り、地盤を固めた。
だから『指輪物語』は単なる御伽噺に終わらず、血の通ったもう一つの世界を創造する事に成功したのである。

それと同じく、『ロードス島戦記』は世界観に加え、TRPGのルールという縛りによって、リアリティを与えられている。
しかも、キャラクターは自分以外のプレイヤーが動かす為、想定外の行動を取る事も多々ある。
そうしたプレイを重ねて描かれたロードス島戦記は、やはり血の通ったリアリティを持っている。

辺境の村ザクソンの若者パーンが、様々な戦いを経て、一人前の男に、そしてどの王国にも属さない孤高の英雄、ロードスの騎士の称号を得るまでの物語である。
途中、「パーンのレベルが上がり過ぎて」小説の主人公としては使いづらくなり、駆け出しキャラのスパークに主人公の座を明け渡すが、基本的にはパーンを軸に話が展開していく。
時には勇者と讃えられ、時には守ってきた村人たちに裏切られ、それでも自分の信じた道を歩き続け、成長を続けるパーンを見ていると勇気づけられる。

ロードス島戦記は、人間の持つ弱さも強さも描いた傑作だと思う。
立場や信念によって、対立し合う人間の愚かさと、迷いながらも守る物を見出した時の人間の強さが巧みに描かれている。

ロードス島戦記には完璧な人間が出てこない。
皆どこか欠けていたりする。
そこをお互いに補いながら、協力する姿に感動を覚える。

熱血騎士パーンはもちろん、威厳よりも人徳で治める傭兵王カシューや優しい狂戦士オルソン、薄幸の騎士スパーク、敵ながら天晴れな暗黒騎士アシュラムなど、魅力的なキャラクターがたくさん登場する。
ファンタジーやRPGが好きで未読の人には、是非とも読んで貰いたい作品の一つである。

『ロードス島戦記』は大きく分けて3つのシリーズとして分類出来る。
パーンたちが参加した英雄戦争からスパークたちが参加した邪神戦争までを描いた『ロードス島戦記』シリーズ、英雄戦争の30年前に六英雄とスカードの王子ナシェルが参加した魔神戦争を描いた『ロードス島伝説』シリーズ、そしてマーモ公となったスパークと邪神カーディスの教団との戦いを描いた『新ロードス島戦記』シリーズである。
また、同時代のアレクラスト大陸を描いた『魔法戦士リウイ』シリーズや、マーモを脱出した暗黒騎士アシュラムたちが流れ着いた大地を舞台とする『クリスタニア』シリーズとも関わりがある。

コンピューターゲームやアニメ、TRPG、漫画、カセットブックなど様々なメディアで登場したが、やはり小説とTRPGを推したい。
小説で興味を持ったら、TRPGで世界観を味わって欲しい。
かつて角川から『ロードス島戦記コンパニオン』と『ロードス島戦記RPG』というTRPGが出ていたが、現在は絶版である。
今、確実に遊べる方法としては、『ソード・ワールドRPG』と『ロードス島ワールドガイド』を使ったプレイが挙げられる。
『ロードス島ワールドガイド』を使わなくても、基本的に『ソード・ワールドRPG』はロードス島と同じフォーセリアという世界を舞台にしたゲームなので、再現性は高い。

まぁ、ゲームはやらないにせよ、小説は一読の価値があると思う。
ロードス島戦記―灰色の魔女 ロードス島戦記―灰色の魔女
水野 良、安田 均 他 (1988/04)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。