【好き】妖怪

このところ、西洋風ファンタジーの話ばかりしてたので、我が国の話を。
と言っても、日本について語るのでは無く、日本の妖怪についてである。

物心ついた時から水木しげる大先生(荒俣宏さんに倣って、「だいせんせい」では無く、「おおせんせい」と読む)の『妖怪なんでも入門』を読んで育ったからか、妖怪、民話などが大好きになった。

よく「お化け」と「幽霊」が同じものとして語られるが、「お化け」は器物や動植物が化けたもので、「幽霊」は生き物の霊魂の事である。
妖怪はお化けも含む。
お化けの他にも、零落した神、山河の主、魑魅魍魎など、得体の知れないモノの総称として「妖怪」という呼び方が使われていると思う。

唐笠お化けや笈の化け物など、器物が化けるモノを「付喪神」と呼ぶ。
付喪神は愛着を持って接した物や、ぞんざいに扱った物が化けたもので、前者は恩返しを、後者はたしなめる事が多いと思う。
どちらにせよ、ユーモラスな一面を持っていたりして、器物を大切にしようという戒めとしても機能している。

また、大昔は自然災害や流行病など、人間の力の及ばない危険が多かった。そうしたものに対し、神格化して崇め、逆に味方につけようとした。
日本はこうした考えが強い。

菅原道真は憤死した後、荒魂(アラミタマ)として雷を操り、都を脅かした。恐れた人々は道真を学問の神として奉る事で味方につけようとしたのである。
閑話休題。

知らない、という事は恐怖に繋がる。逆に言えば、かりそめでも名前や姿形を与える事で、自然災害や流行病などの正体を「知り」、支配下に置こうと考えた。
それは神や妖怪として認知され、やがて恐怖の対象から親しみの対象に変わっていく。

現在知られる妖怪は、中国からの輸入妖怪やダジャレから生まれた妖怪も多い。鳥山石燕が『画図百鬼夜行』などで妖怪画を描く際、中国の妖怪や創作した妖怪もあったという。

また、文字で輸入され、変化したものもいる。
鬼などはその典型だろう。
中国では「鬼」は霊という意味だった。
それが超常現象を起こす力を持った音量的な意味も含むようになったのだが、日本では角の生えた大男で、虎の毛皮を腰に巻いたイメージで語られる。
これは風水でいうところの鬼門が「丑寅(うしとら)」の方角であるから、鬼は牛と虎のような怪物だろう、という半ばダジャレ的な経緯で姿形を与えられたのである。
鬼は地獄の刑吏で、地獄に落ちた死者に責め苦を味わわせる、といった恐ろしいイメージから、絵本『ないた赤おに』のような優しいイメージまで幅広く語られるようになったのは、鬼という妖怪に対する愛着故であろう。

ギリシャ神話の神々も北欧神話の神々も、日本の神々も皆、やたらと人間臭いが、これまた愛着があるからだろう。
人々の間で広まるにつれ、見た目のイメージや名前が似てるから、という理由や他の話と合体して、今まで無かった属性を付与されたり、神々も妖怪も変化していく。

まぁ、今でも芸能人が週刊誌などで似たような事になっているが、人の感じるイメージや噂なんていい加減なもんなんである。
正体の掴めない妖怪みたいなもんだ。
水木しげる妖怪大百科 水木しげる妖怪大百科
水木 しげる (2004/10)
小学館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド