スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告。

先日、おかげさまで39歳になりました。
無事に元気に生きております。ご安心くださいw

CONNECT vol.234 ~20周年記念&最終回~

昨夜はDJ WAKAさん主催のダンスイベント、「CONNECT」の20周年、そして最終回だった。
毎月開催して234回(実はvol.0もあるので、235回!)という記録を樹立している。
都内、否、国内のCLUBシーンにおいても要と言えるイベント、それがCONNECTだった、と思う。

僕がCONNECTに初めて行ったのは、当時HOUSEを習っていたかつぞうさんやSARAさん、KENさんのチーム、SPICEが出演するからだった。
CONNECTの回数もまだ二桁代だったと思う。僕が19、20歳くらいの頃だったから。
当時のCONNECTは六本木スクエアビルの10階にあった伝説のCLUB、R?hallにて行われていた。
SPICEやTR∀MP、電撃チョモランマ隊、Coppertoneといった関東を代表するダンスチームが綺羅星の如く出演していた。
いずれも既にダンスシーンの第一線で活躍していたプロダンスチームで、他のイベントに出たらゲストチームクラスなのだが、DJ WAKAさんのポリシーにより、ゲスト枠は無く、全てのチームが等しく扱われていたのも、このイベントの特徴だった。

僕はSARAさんの生徒たちで「さらまんた」というチームを組んで出演したのが最初だった。
その後、「OFF THE LOCK」という、当時はまだ珍しかったストリートダンスとジャズダンスの混成チームで暫く出演した。

イベントは22時からだったので、20時頃にハコに入り、スタッフの女の子にカセットテープ(!)を渡してリハーサルをした。
オープンしてから1時間くらいはDJタイムで、フリーで踊るダンサーの動きを目で追ってこっそり陰で練習したりして。
Wreckx-N-Effect「Rump Shaker」とか、Kurious「I'm Kurious」とかよく掛かってたなあ。

CONNECTは間違いなく一時代を築き、東京のダンスシーンに貢献したイベントだった。
そのCONNECTが終わった。
昨夜は洋平さんや徹也さん、藤枝さん、サトシさん、CHEWさんといった先輩方、ダイちゃんや千尋、森奥愛ちゃん、YU-KOさん、肇くん、ダイキくん、カトちゃん、ゆっこちゃんといった一緒に踊ってきた仲間たちやMC USKさんたちと久方振りに再会し、さながら同窓会のようであった。

僕も微力ながら、DJ WAKAさんに恩返しをしていきたいと思う。



にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン

【ダンス】いよいよ法改正か?

http://mainichi.jp/select/news/20140517k0000m010068000c.html
ダンス規制緩和:クラブ午前6時まで…議連が改正案
毎日新聞 2014年05月16日 20時28分(最終更新 05月16日 23時51分)

 若者らが踊る「クラブ」やダンス教室の営業を規制する風俗営業法の見直しを目指す超党派の「ダンス文化推進議連」(会長、小坂憲次・元文部科学相)は16日、同法改正案をまとめた。現行法が禁じているクラブの午前0時以降の深夜営業を認めるほか、ダンス教室を適用除外にするなど、規制を緩和する内容。月内にも議員提案する。反対の政党はなく、細部を詰めたうえで成立の見通し。成立すれば半年後に施行される。

 クラブやダンス教室は現行法では「風俗営業」と規定されている。改正案では、ダンス教室を風営法の適用から外したうえで、クラブなどに関し「深夜ダンス飲食店営業」との規定を新設。都道府県公安委員会の許可を受ければ原則午前6時まで営業可能になる。店内の面積や照度(照明の明るさ)などの規制も緩和される。深夜営業しない場合は新設の規定「ダンス飲食店営業」に該当し、営業は届け出だけで済む。

 ただし、午後10時以降は18歳未満の店内立ち入りは認めない。立地場所についてはこれまで、病院や学校周辺は認めていなかったが、200平方メートル以下の店舗の場合には、防音措置を施せば規制は除外される。
【入江直樹】



声を上げなければ何も始まらない。
明らかに現代には合っていない現行法は改正すべき。

いい流れだと思う。



にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン

生存報告。

今年の一月は一緒に鶯谷にあったキャロルでSPICEのかつぞうさんの夏期講習を受けて以来の友人・こばの協力を得て仕事が出来た。
こばは給食系男子というユニットで本を出したり、企画関係の仕事をしたりしている。
僕も彼も、出会った頃は19、20歳くらいの青年だったけど、お互いにおじさんになったなあ、としみじみしたり。


今年は僕がかつて振り付けに携わった方々の解散が続く。

東京ミルクホールさんが解散する。

LOOVEEが解散する。

出会いは別れの始まりだが、再会もまたある。
僕とこばのように。

徒然。

一応、生存報告です。

先日、高校の頃に初めてダンスを習った先生が出演された舞台を観に行ってきた。
若い頃のままの先生の姿に元気を貰った。

その後、当時一緒にレッスンを受けていた御姉様方と飲みに行った。
当時の僕は本当にウブな少年だったので、御姉様方とまともに会話も出来て無かったと思うのだが、今は色々とざっくばらんに話せて楽しいひと時だった。

ダンスって、いいね。

にほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ
blogram投票ボタン
プロフィール

NORIMITSU

Author:NORIMITSU
※当ブログからのテキスト、画像などの無断転載、無断使用を禁じます。


東京生まれ。
幼少の頃、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を観て衝撃を受けるが、持ち前の引っ込み思案が災いし、「(ダンスは)自分には無理」と諦める。
小中学校でドップリ「オタクカルチャー」にハマるが、音楽には元々興味があった為、バンドを組もうと思うようになり、ジャンケンで負けてベース担当になる。
中学卒業直後、高校入学直前に先輩たちの自主公演を観劇し感激。演劇部と音楽部(合唱部)に入部する事を固く決意する。
「10年生になったら友達100人出来るかな?」をスローガンに男女問わず声をかけまくる、いわゆる高校デビューを果たす。
バンドは「音楽性の違い」というありがちな理由で解散。ヴォーカリストを目指す。
突っ立ったまま歌うとなると、まるで橋幸夫さんのようなので、ダンスを習う事にする。
trfのSAMさんに憧れていたのだが、ダンススクールや俳優養成所でジャズダンス(某金融ショップのCMでおなじみのジャンル)とバレエを習う。
俳優養成所のダンスの先生の公演出演を通じ、立教大学のダンスサークル「St.Paul's Musical Company(現・D-mc)」に所属。
20歳の頃、SAMさんの踊ってるダンスジャンルがハウスだと知り、愕然とする。
急遽、ストリートダンスに路線変更。座右の銘は「急がば回れ」。
ダンスチームを結成してクラブイベントに出たり、ダンスの仕事をしたりして、24歳の頃にダンスインストラクターとして、ダンススクールやスポーツクラブなどでクラスを持ち、ストリートダンスを教えるようになる。

現在、落語家「三遊亭楽天」として全国各地で落語の口演を行っている。
2012年8月、六代目三遊亭円楽に入門、「楽天」と命名される。
2015年10月、「楽天」のまま二ツ目昇進。



【主な芸歴】
日本ジャズダンス芸術協会『秋の祭典』出演

H.S.ART第二回公演『BLUE』主演

東京ディズニーランド「ミッキーのダンスフィーバー」TVCM出演

テレビ東京系『RAVE2001』5thステージに「YUJI+BANRI+NORI」として出演

鈴鹿8耐前夜祭『RIDE & LIVE』TRFライヴバックダンサー出演

フジテレビ系『SMAP×SMAP』出演

お台場どっと混む!2002『遊城』Dur mollライヴバックダンサー振り付け・出演

テレビ東京系『BEATOPIA』DT CRUSH!出演

劇団東京ミルクホール公演振り付け洋舞担当

自主制作DVD『ストリートダンス ヨクワカルDVDマガジン REAL STREET』企画・振付・出演・ストリートダンス普及委員会委員長・特典小冊子「ストリートダンスがよくわかる本」執筆

SONY 50時間連続再生MP3プレイヤー 50時間連続ダンスキャンペーンダンサー

フジテレビドラマ『トップキャスター』出演

映画『バックダンサーズ!』出演

氣志團『The アイシテル』PV出演

東京ガールズコレクション 2007 AUTUMN/WINTER DJ OZMAライヴバックダンサー出演

他多数



【お問合せ】
nori.school@gmail.com
※文章についてのお問い合わせなど、こちらからお送り下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:Good to know

■ ブログ名:M’S SOUL STYLE
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
世界樹の迷宮III マイギルド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。